2012年10月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

導入判断の決め手は、タッチスクリーン機能の必要性あらためて考えたい「Windows 8は本当に必要か?」

Windows 8を早期に導入する企業は、ユーザーインタフェース(UI)が大々的に変更されていることを踏まえて、ユーザーのトレーニング計画を立てる必要があるかもしれない。

[Stuart J. Johnston,TechTarget]

 Windows 8のトレーニングは、WindowsのUIに慣れ親しんだ数百万人のビジネスユーザーに多大な労力を課し、IT部門には多額の費用をつぎ込ませることになる可能性がある。

 Windowsのライセンスに詳しいコンサルティング会社の米Pica Communications 主席コンサルタントのポール・デグルート氏は、「トレーニングコースの費用と、トレーニングによって失われる従業員の実働時間を考えると、従業員1人当たりのコストは1日当たり400ドルを軽く超える可能性がある」という。

 米ベルビューカレッジでコンピュータインストラクターをしているカール・フォン・パップ氏も、「Windows 8のUIは何もかもが変わってしまった」と話す。Windows 8 β版のテストも担当している同氏は、「ユーザーにはかなりの学習が必要になる」と断言する。

 Windows 8のUIは従来のスタート画面に代わり、デスクトップアイコンがタイル型に並ぶ「Modern」と呼ばれるタッチ操作対応画面になった。2012年8月までは「Metro」と呼ばれていたUIだ。従来のWindowsの外観に近いデスクトップモードも用意されているが、この2つのUIの切り替えに慣れるまで多少時間が必要かもしれない。

抜本的に変わってしまったWindows 8のUI

 米サンアントニオ腎臓病センターでは、Windows 8へのアップグレードをすぐには行わない予定だ。同センターでIT管理者を務めるフィリップ・L・モヤ・ジュニア氏は、「恐らく2013年になるが、アップグレードをしたら、外部のトレーニングを利用するのではなく、エンドユーザー同士の非公式なトレーニングを奨励する」という。「待っていれば、ユーザーが家でWindows 8を使い始めるだろう」という期待からだ。

 また、アップグレードするにしても、古くなったWindows XPのPCを、時間をかけて徐々にWindows 8に置き換える予定だという。「抜本的に変わっているので、導入には時間をかけ、厳しく検証をする」(モヤ氏)

 なお、OS移行に伴い、システム管理者やヘルプデスク担当者のためのトレーニング費用も必要になるが、Microsoftのパートナーが提供する5日間のコースを利用した場合、2500ドル以上になる可能性がある。このようなパートナー企業は、マイクロソフト認定テクノロジースペシャリスト(MCTS)と、マイクロソフト認定ITプロフェッショナル(MCITP)の試験も提供するが、これらの認定資格の費用は最低でも約150ドルとなっている。

大きな疑問符が付くWindows 8の必要性

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...