2014年06月18日 15時00分 UPDATE
特集/連載

BYODやBYOAでよみがえる“亡霊”「ネットブック」が廃れて、「タブレット」が流行っているのはなぜか?

小型で軽量なモバイル端末として人気を博した低価格なネットブック。最近は全く話題に上がらなくなってしまったが、昨今のスマートデバイスや企業ITに多大な影響をもたらしたといえる。

[Robert Reilly,TechTarget]
0617_kf_mobile_pics.jpg

 ネットブックはかつて、モバイルワークを実現し、企業ITに革命をもたらすテクノロジーであると期待された。人々の記憶から次第に薄れゆく中、ITスタッフの脳裏にネットブックが亡霊のようによみがえることがある。

 筆者は最近、とても丁寧に扱われた台湾ASUS製のノートブックをコーヒーショップで目にした。その光景を見て、2007年に米国産業全体に広がった驚くべき状況を懐かしく思い出した。当時、ネットブックは軽量小型で低価格、そして十分な性能を有することから、どこでも仕事環境を構築できる素晴らしい製品と思われていた。

ネットブックの亡霊

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

CMOにふさわしいのは社内の人材? 社外のスペシャリスト? ガートナーが調査
ガートナー ジャパンは、同社主催イベント参加者などを対象にマーケティング業務の変化に...

news109.jpg

電通テック、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」を提供開始
電通テックは、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」の提供を開始した。

news072.jpg

日本経済新聞社が動画マーケティング支援のViibarと資本業務提携
日本経済新聞社とViibarは、資本業務提携に関する契約を締結した。