2014年06月18日 15時00分 UPDATE
特集/連載

BYODやBYOAでよみがえる“亡霊”「ネットブック」が廃れて、「タブレット」が流行っているのはなぜか?

小型で軽量なモバイル端末として人気を博した低価格なネットブック。最近は全く話題に上がらなくなってしまったが、昨今のスマートデバイスや企業ITに多大な影響をもたらしたといえる。

[Robert Reilly,TechTarget]
0617_kf_mobile_pics.jpg

 ネットブックはかつて、モバイルワークを実現し、企業ITに革命をもたらすテクノロジーであると期待された。人々の記憶から次第に薄れゆく中、ITスタッフの脳裏にネットブックが亡霊のようによみがえることがある。

 筆者は最近、とても丁寧に扱われた台湾ASUS製のノートブックをコーヒーショップで目にした。その光景を見て、2007年に米国産業全体に広がった驚くべき状況を懐かしく思い出した。当時、ネットブックは軽量小型で低価格、そして十分な性能を有することから、どこでも仕事環境を構築できる素晴らしい製品と思われていた。

ネットブックの亡霊

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...

news071.jpg

ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマー...

news023.jpg

「リタゲ」から「フルファネル」へ――知っていそうで知らないダイナミック広告の活用法
企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信されるダイナミック広告が...