2014年08月25日 22時17分 UPDATE
インフォメーション

IT×モノづくり 日本最大級のバーチャルイベントITmedia Virtual EXPO 2014

登録&ポイントラリーで「iPad mini」や「Google Chromecast」が当たる! アイティメディア主催のバーチャル展示会「ITmedia Virtual EXPO」。TechTargetジャパン会員なら、登録済みの会員情報でカンタン視聴登録。

[ITmedia]

※本イベントは終了しました。たくさんのご来場、まことにありがとうございました。

画像

 今回で9回目を迎えるアイティメディア主催のバーチャル展示会「ITmedia Virtual EXPO」。本イベントは、実際の展示会場をオンラインのイベント空間としてネット上に再現しています。

 来場者は会場内を移動しながら、出展企業のブースをめぐったり、動画や電子ファイルを閲覧/ダウンロードできます。9月9日〜30日までの開催期間中は何度でもご来場可能なうえ、24時間場所を問わずご参加いただけます。

 ITとモノづくり産業に携わる皆さまが、最新技術動向の情報収集や、ビジネスのヒントを得るお役に立てれば幸いです。抽選で豪華なプレゼントもご用意しておりますので、ぜひご参加くださいませ。

会 期 2014年9月9日(火)〜2014年9月30日(火)
主 催 ITmedia Virtual EXPO 実行委員会
参加費 無料

→TechTargetジャパン会員情報でカンタン視聴登録


本EXPOの注目講演をチェック

 ITmedia Virtual EXPO 2014では、アイティメディアの編集部が8つのテーマゾーンをプロデュース。国内外のキーパーソン/リーディングカンパニーへのインタビューや講演動画などをお届けします。

「はじめまして、Pepperです」――クリエーター、開発者、ビジネスマンが創り出す未来の「人に寄り添う優しいロボット」

画像

 感情認識、会話エンジンを搭載したヒューマノイドロボットがかつてない形で一般に提供される。Pepperが提供する「人に寄り添う」ためのフィジカルなインタフェースデザインはどのように考案されたのか、その開発の経緯とともに、いち早くPepper開発に携わったデベロッパーの声から、今後の可能性を探る。


「バカッター」が会社を滅ぼす――SNS時代のリスク管理最前線

画像 イー・ガーディアン株式会社 事業企画部 ソーシャルリスクアドバイザー 中川 祥太 氏

 「リベンジポルノ」に「バカッター」。これらは個人レベルの“事件”であり、企業には関係ないと思っていたら、それは大きな間違いだ。こうした事件に関わる個人が、実は自社の従業員だったとしたら――。

 ソーシャルメディアの急速な普及を背景に、企業のリスク管理の在り方が大きく変わろうとしている。SNS時代における具体的な事件やその背景、企業がなすべき対策に迫る。


エヴァンジェリスト タカハシ Presents クラウド屋さんの秘伝レシピ 〜Software Defined X のおいしい食べ方〜

画像 ユニアデックス株式会社 エヴァンジェリスト 高橋 優亮 氏

 近年の企業の関心は、ネットワークの設計や構築、運用を、ソフトウェアで柔軟に設定できるようにする取り組み「SDN(Software Defined Networking)」に集まっている。また、SDNをはじめ、同様な「Software Defined X(ソフトウェアで定義されたx)」にはさまざまな種類がある。企業は何を選び、どう使えば幸せになれるのだろうか。

 システムインテグレーター、運用保守の他、クラウドサービス事業者でもあるユニアデックスは、そんな今話題のSDxについても日々試行錯誤し、その結果をクライアントへの提案や構築や運用に生かしているという。そんなユニアデックスの取り組みはもちろん、その裏側までをエヴァンジェリストの高橋優亮氏が解説する。


そのセキュリティの話、ウソ? ホント?(仮)

画像

 「ウイルス対策ソフトは『死んだ』ってホント?」「リスト型攻撃ってどう対処するのがいいの?」「Anonymousって最近何してるの?」――最近ブログでセキュリティ関連の話題を積極的に取り上げる山本一郎 氏の素朴な疑問に、“セキュリティ・ダークナイト”ことソフトバンク・テクノロジーの辻伸弘 氏、「@IT」人気筆者でインターネットイニシアティブの根岸征史 氏が率直に答える。


日産が「全社横断ビッグデータプロジェクト」で得たもの(仮)

画像 日産自動車株式会社 経営企画本部 経営企画室 課長代理 山下 淳 氏/日産自動車株式会社 グローバル情報システム本部 IS企画統括部 主任 大関 洋 氏

 ビッグデータの活用が注目されるなか、日産自動車は電気自動車「リーフ」の走行情報を外部企業向けに販売する新事業をスタートした。同社にとって初となるビッグデータビジネスの狙いや、これまでに見えてきた成果とは?

 本セッションでは、日産自動車のEVビジネス部門やIT部門、保険営業部門、カーナビ開発部門などが一体となって取り組んだ「全社横断ビッグデータプロジェクト」の取り組みについて、プロジェクトの主要メンバーである、同社ゼロエミッション企画本部の山下淳EVビジネスアシスタントマネージャーにプロジェクト成功の秘訣を聞く。


ローソンはPontaをどう活用しているのか?

画像

 コンビニのレジでお金を払うとき、店員に「Pontaカードはお持ちですか?」と聞かれたことがあるだろう。ローソンでは「Pontaカード」で収集した性別や年代などのデータを用いて、どんな顧客がどんな商品を購入しているかを検証しているという。また、発売当初あまり期待されていなかった、糖質の少ないブラン(小麦の外皮)を生地に使った健康志向のパン「ブランパン」がヒット商品に育ったその背景には、Pontaカードのデータ分析が欠かせなかったそうだ。

 本セッションでは、Pontaカードの膨大なデータをローソンがどのように分析して商品開発へ生かしているかや、データ分析から生まれたブランパンをはじめとする、ローソンのヒット商品の裏側を、ローソン・マーケティング本部の木下剛本部長補佐が紹介する。−−

無印良品のオムニチャネル戦略を支えるビッグデータ基盤

画像 株式会社 良品計画 Web事業部 システム担当 課長 山際 高志 氏

 良品計画が2013年に運用を開始した「MUJI Passport」を中心に、同社のオムニチャネル戦略を良品計画Web事業部の山際高志システム担当課長が解説する。MUJI Passportから得られるデータを、どのように蓄積し、可視化しているかをはじめ、その課題や得られた情報の活用までを語る。


→TechTargetジャパン会員情報でカンタン視聴登録


早期登録&ポイントラリーで豪華賞品をGetしよう!

 ITmedia Virtual EXPO 2014にご登録頂いた先着100名にもれなく「Amazon ギフト券 500円」をプレゼント致します(ITmedia Virtual EXPO 2014にご来場いただいた方が対象となります)。また、iPad miniやGoogle Chromecastなどの豪華賞品があたるポイントラリーも実施します。ぜひこの機会に奮ってご参加・ご応募ください。

→TechTargetジャパン会員情報でカンタン視聴登録

画像

TechTargetジャパン会員情報でカンタン視聴登録

 TechTargetジャパン会員の皆さまは、ご登録済みの会員情報で視聴登録を行うことができます。以下の「ITmedia Virtual EXPO 2014 個人情報の取扱いについて」にご同意の上、「同意して視聴登録」ボタンで登録ください。

■利用規約■

第1条 規約の範囲及び変更

1. 本規約は、アイティメディア株式会社(以下、「当社」といいます)が米国ON24社(以下「ON24」といいます)のバーチャルイベントシステムを利用して提供するサービス(以下「本サービス」といいます)に関し、当社と利用者(以下「利用者」といいます)との一切の関係に適用されます。

2. 当社は、予告なく本規約を変更し、並びに本規約に関連する利用条件、ガイドライン等(名称を問いません。以下「諸規定」といいます)を追加及び変更すること(以下「変更等」といいます)ができます。当該変更等があったときは、当社所定の方法により利用者に本規約変更の事実を通知します。

3. 利用者が変更等の後に本サービスをご利用になられた場合、当該変更等に承諾したものとみなされます。

4. 諸規定と本規約との間に相違がある場合、特段の定めがない限り、各諸規定が本規約に優先して適用されるものとします。

第2条 利用申込

1. 利用者は、本サービスの利用申し込みに際しては当社所定の方法に従い、必要事項を正しく記入したうえで申し込むものとします。当社が利用者の申込を承諾した場合、利用者にはユーザーID・パスワード(以下総称して「ID」といいます)が付与され、これをもって利用申込は完了します。

2. 当社は、以下いずれかの場合、本サービスの利用申し込みをお断りすることがあります。

    1) 非実在名義での申込み等、申込内容が虚偽であることが判明した場合

      2) 過去に当社が提供するサービス(本サービスに限りません。)の利用規約等への違反が判明した場合

        3) 反社会的勢力の構成員(過去に構成員であった方を含みます)及びその関係者であることが判明した場合

          4) 前各号のほか、当社が利用者として不適切と判断した場合

          3. 利用者は、第1項の情報に変更が生じた場合、当社所定の方法に従い通知及び情報の更新をしなければなりません。

          第3条 IDの管理責任

          1. 利用者はIDの管理責任を負い、IDを第三者に貸与、譲渡、その他一切使用させてはなりません。

          2. 利用者は、第三者によるIDの不正使用が発生し又はそのおそれがある場合、直ちに当社へ通知のうえ、当社の指示に従って必要な措置を行う義務を負います。

          3. 当社の故意又は重過失による場合を除き、過失の有無にかかわらず、第三者によるIDの無断使用はすべて利用者の行為とみなされ、利用者は一切の責任を負います。また、これにより当社が損害を被ったときは、当該損害を賠償するものとします。

          第4条 禁止事項

          利用者は、本サービスの利用に際し、以下の各号の一に該当する行為、又はその恐れのある行為(それらを誘発する行為や準備行為も含みます)を行ってはなりません。

          1) 法令に違反し、公序良俗に反する行為

          2) 信憑性が低い、又は虚偽の情報の登録

          3) 本サービスに関するプログラム等の改変、リバースエンジニアリング、解析、ユーティリティの作成・頒布等の行為4) 他の利用者の使用するソフトウエア、ハードウエア等の機能を破壊したり、妨害したりするようなプログラム等の投稿等をする行為

          5) 当社のサーバ又はネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為

          6) 当社、他の利用者、又は第三者の知的財産権、その他の権利を侵害する行為

          7) 他人に対するいやがらせ、悪口、脅し、わいせつな内容、不愉快な趣旨の発言、商業目的、広告目的、著作権者の許可を得ていない著作物、又は個人のプライバシーに関わる情報等を送信する行為

          8) 他の利用者の個人情報や履歴情報及び特性情報などを当該利用者に無断で収集したり蓄積したりする行為

          9) 本サービスを、提供の趣旨に照らして本来のサービス提供の目的とは異なる目的で利用する行為

          10) IDを不正に取得、利用し、又は譲渡・販売する行為

          11) 当社のサービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為

          12) 当社のサービスの提供、運営を妨害する行為、その他当社が不適切と認めた行為

          13) 本規約に違反する行為

          第5条 再利用の禁止

          利用者は、利用者が本サービス又はそれらの構成データを、本サービスの提供目的を超えて利用した場合、当社が当該利用を差し止める権利並びに当該利用によって利用者が得た利益相当額を請求する権利を有することに同意します。

          第6条 個人情報の取扱い

          1. 利用者からお預かりした個人情報、アンケート及び履歴情報(本サービス内での閲覧ページや、利用サービスの内容・方法、ご利用環境、利用者のIPアドレス・クッキー情報・携帯端末の個体識別情報などの情報を指します。)は、下記の用途及び開示先で使用されます。

              ■開示先:当社

              (ON24及びその他、以下の各業務の委託先に対して行う必要な情報の提供を含みます)

              -受講票の送付・お問い合わせの対応といった、本サービスの開催・運営業務のため

              -本サービスをはじめ、当社が提供しているサービスの充実、改善、新規開発を目的とした分析・抽出業務のため

              -スポンサー企業に対し、効果的な広告・サービス提供等に関する分析結果を報告する業務のため

              ■開示先:スポンサー企業

              -効果的な広告・サービス提供等に関する分析のため

              -スポンサー企業の製品情報等の提供のため

              2. 当社及びスポンサー企業における個人情報の取り扱いについては、当社及びスポンサー企業がそれぞれ定めるプライバシーポリシーによるものとします。

              第7条 利用者資格の抹消

              当社は、利用者に関し以下各号のいずれかの事由が発生した場合、利用資格の停止及び取り消し並びに本サービスに蓄積されているすべての個人情報を含む一切の情報を、損害賠償義務等何らの責任を負うことなく削除することができ、利用者はこれら当社の措置に対して何らの異議もとどめないものとします。

              1) 第2条第2項及び同条第3項のいずれかに該当し、又はそのおそれのある場合

              2) 第4条各号のいずれかに該当し、又はそのおそれのある場合

              3) メールアドレス等、登録された連絡先あての連絡が、一定期間以上にわたって不通の場合

              第8条 登録情報の確認と更新

              本サービスでは、チャットを始めとする会場内でのコミュニケーションの目的で、本バーチャルイベント会場内において利用者の登録情報の一部(ニックネーム、姓、名、部署、役職及び会社名)を公開しております。なお、ログイン後に、上記公開情報の内容及び範囲を変更することができます。

              第9条 本サービスの変更、中断・停止

              当社は、利用者に対して予告することなく、損害賠償義務等何らの責任を負うことなく、本サービスの内容及び仕様を変更し、並びに停止、中止、及び終了することができます。

              第10条 賠償責任の制限

              1. 当社は、本サービスで提供される情報が適法か、正確か、最新かつ適時のものか、利用者の需要に適合するかについて一切保証しておりません。また同様に、本サービスにおいて障害、不具合、エラー等が生じないか、提供されるシステムやソフトウェアの不具合やバグが修正されるかについても、最大限の努力を払いますが、一切保証しておりません。利用者はこれらを確認のうえ、利用者自身の責任において本サービスを利用し、かつ損害が発生した場合であっても当社にその責任が生じないことに同意します。

              2. 当社は、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず、利用者が本サービスを利用した結果、利用者に生じた損失・損害(データの破損、消失、改変などを含みます)等及び本サービスに関連して生じたいかなる損失・損害等についても、当社の故意又は重過失に基づく場合を除き、一切責任を負わないものとします。また当社が責任を負う場合でも、その範囲は直接かつ現実の損害に限られ、予見可能性の有無を問わず、特別の事情から生じた損害、逸失利益、懲罰的損害、間接損害等については、範囲外とします。

              第11条 利用者の賠償責任

              1. 利用者は当社に対し、本規約違反その他の事由により、当社に発生した損害を賠償します。

              2. 利用者は、本サービスの利用に関し、他の利用者等の第三者からの権利侵害等の申し出があった場合、自己の責任及び費用負担にてこれを解決し、当社が何ら責任を負わないことを確認します。

              第12条 バックアップ

              1. 利用者は、申し込み情報、ID、パスワード及びその他本サービスに関連するあらゆる情報及びデータを、当社でのバックアップの有無にかかわらず、自身でバックアップする責任を負い、当社ではバックアップの義務を負わないことを確認します。

              2. 利用者は、本サービスの保守、運用上又は技術上必要な場合、当社及びON24が当社の管理サーバに保存されている利用者のデータを、複製、監視、分析、調査等必要な行為を行うことをあらかじめ承諾します。

              第13条 コミュニティサービス

              本サービスのコミュニティサービス(利用者によるコンテンツの投稿・管理機能及び利用者同士での交流機能等を総称していいます。以下同じ)の利用に際しては、以下の定めが適用されます。

              1) コミュニティサービスにおいて、当社は利用者が公開対象を限定して投稿等をしたコンテンツ及び個別に送受信されているメッセージを、本規約の遵守状況等を確認する目的で閲覧することがあります。当該閲覧の結果、本規約違反等が確認される等、当社又は第三者の権利侵害又は不利益になると当社が判断した場合、又は重複送信である場合、当社は利用者の承諾を得ずに、当該情報を削除することがあります。なおこれにより利用者に生じた損害について、当社は一切責任を負いません。

              2) コミュニティサービスの運用には万全を期しておりますが、運用上その他のやむを得ない事情により、コミュニティサービス下の情報が公開対象外の方に公開されてしまう可能性があることを、利用者はあらかじめ了承のうえで、利用するものとします。

              3) コミュニティサービス下の情報等に対する苦情等があり、当社が苦情の申告者と利用者との間での話合いが適切であると判断した場合、当社は、話合いの場を設定すること、及び設定にあたり必要な情報を開示することができるものとします。

              4) 電子掲示板等、不特定多数の利用者がアクセスできるサービスに投稿等をしたコンテンツの著作権は、利用者又は当該コンテンツの著作権者に帰属します。当該コンテンツの投稿により、利用者は当社に対して、日本の国内外で無償かつ非独占的に利用(複製、上映、送信可能化を含む公衆送信、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、出版の、当社による実施及び第三者への再許諾、再再許諾等を含みます)する、無期限かつ取り消し不能の権利を許諾したものとみなされます。なお、利用者は当社を含む当該コンテンツの正当な利用者に対して、著作者人格権を行使しないものとします。

              第14条 ID有効期間

              1. 利用者の本サービスの利用期間は、利用者に付与されたIDのアクセス可能期間とし、本サービスの利用申込書の「ID有効期間」に記載する期間とします。なお、イベント又はセミナーの利用者登録を目的として本サービスを利用する場合のサービス利用期間は、当該イベント又はセミナーの集客開始日を利用開始日とし、イベント又はセミナーの終了日を利用終了日とします。

              2. 利用者は、当社が有効期間満了日の翌日以降、本サービスのサーバに保存する利用者の本個人情報及びその他一切の情報(バックアップデータを含む)の削除ができること、並びに削除までに一定期間が経過する可能性があることを予め承諾するものとします。

              第15条 権利義務譲渡の禁止

              利用者は、本規約に基づき生じた権利義務の全部又は一部を、当社の事前の書面承諾なく、第三者に譲渡し、移転し、引受させ、又は担保に供してはならないものとします。

              第16条 準拠法、合意管轄

              1. 本規約は、日本法を準拠法として解釈・適用されます。

              2. 本サービスに関連して紛争が生じた場合、その訴額に応じ、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

              以上

              ■個人情報の取り扱いについて■

              皆さまからお預かりした個人情報等の情報は、以下の用途及び開示先で使用させていただきます。

              【プロフィール情報※1】

              ■バーチャルイベント上での公開

              チャットを始めとする会場内でのコミュニケーションのため

              【個人情報・アンケート・履歴情報※2】

              ■アイティメディア株式会社での利用

              イベントのシステム提供のため、米国ON24社に対して行う必要な情報の提供を含みます。
              その他、各業務の委託先に対して行う必要な情報の開示を含みます。

              ・受講票の送付、お問い合わせの対応といった、本バーチャルイベントの開催・運営業務のため

              ・本バーチャルイベントをはじめ、アイティメディア株式会社が提供しているサービスの充実、改善、新規開発を目的とした分析・抽出業務のため

              ・スポンサー企業に対し、効果的な広告・サービス提供等に関する分析結果を報告する業務のため

              個人情報の詳しい取り扱いについては、アイティメディア株式会社プライバシーポリシーをご覧ください。

              ■スポンサー企業での利用

              ・効果的な広告・サービス提供等に関する分析のため

              ・スポンサー企業の製品情報等の提供のため

              個人情報の詳しい取り扱いについては、各社のプライバシーポリシーをご覧ください。

              IT WORKS@島根アプレッソ株式会社アプリソジャパン株式会社アルテック株式会社株式会社イプロス株式会社Imperva JapanInfoblox Inc.ウィズワークス株式会社ウインドリバー株式会社LRM株式会社オートデスク株式会社OpenTextグループ(オープンテキスト)OpenTextグループ(エクスパダイト)OpenTextグループ(GXS)オン・セミコンダクター兼松エレクトロニクス株式会社キーサイト・テクノロジー合同会社QNXソフトウェアシステムズ株式会社クラウディアンコグネックス株式会社さくらインターネット株式会社シスコシステムズ合同会社株式会社株式会社シマンテック合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ株式会社ストラタシス・ジャパン株式会社セゾン情報システムズソリッドワークス・ジャパン株式会社中部ライフガードTEC2015デル株式会社デル株式会社 デルソニックウォール株式会社テンダ株式会社東芝東芝ソリューショントレンドマイクロ株式会社日本アイ・ビー・エム株式会社日本ストラタステクノロジー株式会社日本電気株式会社(CLUSTERPRO)日本電気株式会社(NEC Easy Data Migration for File Server)日本ナショナルインスツルメンツ株式会社日本ヒューレット・パッカード株式会社ネットギアジャパン合同会社株式会社BCN株式会社日立製作所プロトラブズ合同会社ブロケードコミュニケーションズシステムズ株式会社ベッコフオートメーション株式会社MathWorks Japan株式会社リクルートライフスタイルリコージャパン株式会社リスク対策.comローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社

              ※1 お預かりした個人情報のうち、「姓名・勤務先名・部課名・役職名」を指します。プロフィール情報の内容及び公開範囲は、ログイン後に、変更することができます。

              ※2 本バーチャルイベント内での閲覧ページや、利用サービスの内容・方法、ご利用環境、お客様のIPアドレス・クッキー情報・携帯端末の個体識別情報などの情報を指します。



              ※本イベントは終了しました。たくさんのご来場、まことにありがとうございました。