2014年09月22日 15時00分 UPDATE
特集/連載

低価格のWAN最適化装置、Ciscoのレイオフ他10分で分かる世界のネットワーク業界最新事情

米Array Networksがリモートオフィス向けWAN最適化装置をリリース、米Cisco Systemsが戦略推進に向けてレイオフを発表など。トピックめじろ押しとなった2014年8月のネットワーク関連ニュースをまとめ読み。

[Sonia Groff,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140922network.jpg

 米Array Networksは2014年8月、小規模なリモートオフィス環境向けの新型アプライアンスを発表し、同社のWAN最適化コントローラーのポートフォリオを補強した。発表と同時に発売された「aCelera WAN1100」は、10Mbpsのスループットを実現し、同時に最大40のTCP接続を処理できる卓上サイズの機器だ。

小さなオフィスでも使える安価なWAN最適化コントローラー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...