2015年07月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アイ・ティ・アールが予測次世代技術で変わる働き方、ユニファイドコミュニケーションの新しい形とは (1/2)

今後も成長が期待されるユニファイドコミュニケーション市場。同市場の課題や今後登場するであろう技術についてアイ・ティ・アール シニア・アナリストの舘野真人氏に聞いた。

[藤本京子]
ユニファイドコミュニケーション市場の要素 ユニファイドコミュニケーション市場の要素

 アイ・ティ・アールは、ユニファイドコミュニケーション市場のうち「コラボレーションスイート」「ビジネスソーシャル」「Web会議」の3つの分野に注目している。

 コラボレーションスイートは、メールやスケジュール、掲示板など、これまでグループウェアが提供していた機能に加え、ファイル共有やソーシャルなどの機能も備わった製品群だ。グループ内での作業に必要なコミュニケーションインフラとして総合的に利用できるスイート製品のことである。

 一方、ビジネスソーシャルは、従業員間や取引先間のコミュニケーション促進などを目的としたソフトウェア。Web会議は、会議資料の共有に重点を置き、データやアプリケーション画面を共有する機能を備えたコラボレーションソフトウェアを指す。またビジネスソーシャルとWeb会議は、「コラボレーションスイート」といった総合製品ではなく、それぞれの分野に特化した専用製品として分類している。

おわびと訂正(2015年7月27日16:10)

掲載当初、「アイ・ティ・アールでは、ユニファイドコミュニケーション市場を3つに分類している」と記載しておりましたが、誤解がある表現だったため、修正いたしました。読者の皆さまにおわびして訂正いたします。


柔軟なライセンス体系で変化が、各分野の動きとは

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...