2015年06月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ガートナーが予測PHSが意外に人気? ユニファイドコミュニケーションの普及が進まない理由とは (1/2)

多くのベンダーがコミュニケーションを促進するためさまざまな製品を提供しているUC市場。だが、意外に普及が進んでいない。ガートナーにその理由と今後の展望を聞いた。

[藤本京子]
tn_tt_uc001.jpg 時代とともにコミュニケーション手段は大きく変化してきた。その中で生まれたUCだが、市場の伸びは必ずしも芳しくないようだ(出典:ガートナーの資料を基に編集部で作成)《クリックで拡大》

 米IT調査会社Gartnerの定義するユニファイドコミュニケーション(UC)システムは、メールやインスタントメッセージ(IM)、音声/映像通信、会議システムのようなさまざまな機能を持つ総合製品のことを指す。

 多くのベンダーがこの市場で多種多様の製品を提供しているが、市場は爆発的な伸びを示していないとガートナージャパン リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ リサーチディレクターの池田武史氏は解説する。

なぜUC市場が“低空飛行”を続けているのか

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...

news024.png

「All About」、記事型ネイティブ広告にIASのアドベリフィケーションツールを正式導入
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」で販売および配信する記事型ネイティブ広...