2016年01月27日 15時00分 UPDATE
特集/連載

激動の2015年を経てこれだけ読めば大丈夫、ストレージベンダー主要12社の行方 (1/2)

EMCとDellは2016年、総額670億ドルに上る合併のプレッシャーに直面することになる。他のストレージベンダーにとっても、販売減や分割などの厳しい環境の中、極めて重要な年になる。

[Dave Raffo,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg EMCのジョー・トゥッチ氏(左)と、Dell マイケル・デル氏(右)(出典:Dell)《クリックで拡大》

 騒々しかった2015年が過ぎて、2016年を迎えるとともに、データストレージベンダーは強いプレッシャーにさらされている。

 世界のネットワークストレージ販売は減速し、クラウドがオンプレミスの挑戦を受け、公共市場は不透明さを増しつつあるなど、業界全体が不確実な時代を迎えようとしている。

 しかし、2、3の大手企業を含む十数社のストレージベンダーにとって、2016年は特に重要な年になるだろう。

合併と分割:EMC&Dell、Veritas、HPE

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...