2016年01月27日 15時00分 UPDATE
特集/連載

激動の2015年を経てこれだけ読めば大丈夫、ストレージベンダー主要12社の行方 (1/2)

EMCとDellは2016年、総額670億ドルに上る合併のプレッシャーに直面することになる。他のストレージベンダーにとっても、販売減や分割などの厳しい環境の中、極めて重要な年になる。

[Dave Raffo,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg EMCのジョー・トゥッチ氏(左)と、Dell マイケル・デル氏(右)(出典:Dell)《クリックで拡大》

 騒々しかった2015年が過ぎて、2016年を迎えるとともに、データストレージベンダーは強いプレッシャーにさらされている。

 世界のネットワークストレージ販売は減速し、クラウドがオンプレミスの挑戦を受け、公共市場は不透明さを増しつつあるなど、業界全体が不確実な時代を迎えようとしている。

 しかし、2、3の大手企業を含む十数社のストレージベンダーにとって、2016年は特に重要な年になるだろう。

合併と分割:EMC&Dell、Veritas、HPE

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...