2016年01月27日 15時00分 UPDATE
特集/連載

激動の2015年を経てこれだけ読めば大丈夫、ストレージベンダー主要12社の行方 (1/2)

EMCとDellは2016年、総額670億ドルに上る合併のプレッシャーに直面することになる。他のストレージベンダーにとっても、販売減や分割などの厳しい環境の中、極めて重要な年になる。

[Dave Raffo,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg EMCのジョー・トゥッチ氏(左)と、Dell マイケル・デル氏(右)(出典:Dell)《クリックで拡大》

 騒々しかった2015年が過ぎて、2016年を迎えるとともに、データストレージベンダーは強いプレッシャーにさらされている。

 世界のネットワークストレージ販売は減速し、クラウドがオンプレミスの挑戦を受け、公共市場は不透明さを増しつつあるなど、業界全体が不確実な時代を迎えようとしている。

 しかし、2、3の大手企業を含む十数社のストレージベンダーにとって、2016年は特に重要な年になるだろう。

合併と分割:EMC&Dell、Veritas、HPE

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

人工知能がPRコンテンツを自動制作、ベクトルとデータセクションがツールを共同開発
ベクトルは、人工知能(AI)でPRコンテンツの制作をサポートするツール「AI-PR」の開発を...

news005.jpg

「Mastodonマーケティング」を叫ぶ日は来るのか?
話題の新SNSにスマホゲーム国内市場規模、企業のIT支出の動向、中国人消費者のライフスタ...

news073.jpg

インテージとプレイドが連携、オフライン購買履歴から「価値観」を推定してWeb接客
インテージは、同社が提供する小売業向け生活者の見える化ソリューション「Genometrics(...