2015年10月20日 15時00分 UPDATE
特集/連載

VMwareが得をすればCitrixは損をするDellのEMC買収でCitrixの運命は? デスクトップ仮想化市場の次を占う (1/2)

米VMwareの親会社である米EMCを米Dellが買収することで、VMwareのエンドユーザーコンピューティング事業にどんな影響が及び、また米Citrix Systemsの立場がこの買収でどう変化するのか。

[Ramin Edmond,TechTarget]
tt_kaigai.jpg EMCジャパンの公式Webサイト《クリックで拡大》

 米Dellは2015年10月中旬、IT業界ではかつてない規模の賭けに打って出た。米EMCと米VMwareを買収したのだ。これは大きなリスクを伴う動きであるが、従来型のITベンダーであるDellがモバイル市場で巨大な影響力を獲得することになりそうだ。

 DellによるEMCの買収金額は670億ドル。これはIT業界で過去最大の買収規模だ。買収対象には、EMCの子会社であるVMwareも含まれる。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...