2013年12月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

無傷の2大ベンダーの行く末は?買収が続くモバイル管理市場、迷惑するのはユーザーだけ?

2013年11月にエンタープライズモバイル管理(EMM)ベンダー2社が買収された。いまだ無傷のベンダーや、ユーザーへの影響を分析した。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 ベンダーの統廃合はITの世界では珍しいことではなく、「エンタープライズモバイル管理」(EMM)もその道をたどっている。中には、現在利用しているベンダーの買収に備えて対策を迫られるIT部門も出てくる。

 2013年11月、EMMベンダー2社が買収された。まず米Fiberlink Communicationsが米IBMに、米Bitzer Mobileが米Oracleに飲み込まれた。

 どちらも大地を揺るがすような動きではないと受け止められたが、ある種のトレンドは間違いなく進行中で、企業は変化に注意を払う必要があるというのが、IT業界ウオッチャーの印象だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...