CDPに近い仕組みで継続的にデータを保護する「Dell AppAssure」SMB向けバックアップソフト紹介:デル・ソフトウェア

デル・ソフトウェアのバックアップ/リカバリソフトウェア「Dell AppAssure」は、「継続的なデータ保護」「迅速なシステムリストア」「どこにでもリカバリ」の実現を支援する機能を備えている。

2015年05月12日 08時00分 公開
[岡崎勝己]

バックアップツールの見直しが必要な時期に

photo 《クリックで拡大》

 デル・ソフトウェアが2014年11月に国内提供を開始したバックアップ/リカバリソフトウェア「Dell AppAssure」。「Microsoft Hyper-V」「Microsoft Exchange Server」「Microsoft SQL Server」やWindowsベースのファイルサーバなどを保護対象とする機能を備え、主に中堅・中小規模の企業での利用に適する製品だ。

 現在のデータ保護における課題として、デル・ソフトウェアのデータプロテクション営業本部で本部長を務める土橋一範氏は「データの重要性が増す中で、システムの常時稼働がより強く求められている。また、BCP(事業継続計画)の観点からバックアップとリカバリに対する時間短縮の要求が経営層から寄せられるようになっている」と指摘する。

 また、「古いツールでは機能面で限界もある。バックアップツールの再選定を通じたバックアップの高度化が必要だ。作業の自動化の観点からツールを選ぶことで、作業の抜本的な効率化につなげられる」とツール見直しの意義を強調する。その実践のためにデル・ソフトウェアが提案するのがDell AppAssureだという。

CDPに近い仕組みで継続的にデータを保護する「Dell AppAssure」

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...