3クリックでバックアップジョブを作成できる「Symantec Backup Exec 2012」SMB向けバックアップソフト紹介:シマンテック

シマンテックの中堅・中小企業向けデータ保護ソフトウェア「Symantec Backup Exec 2012」は、直感的なUIや3種類の重複排除方式、仮想環境での細かいリカバリ設定でバックアップの効率化を支援する。

2012年07月12日 08時00分 公開
[翁長 潤,TechTargetジャパン]

より簡単なバックアップを目指す

 シマンテックが2012年3月に提供を開始した中堅・中小企業(SMB)向けデータ保護ソフトウェア「Symantec Backup Exec 2012」(以下、Backup Exec 2012)は、2010年から提供していた「Backup Exec 2010」をメジャーアップデートした最新バージョンだ。

photo シマンテックの浅野氏

 シマンテック プロダクトマーケティング部 プロダクトマーケティングマネージャ 浅野百絵果氏は「Backup Exec 2012は従業員数1000人以下の企業をメインターゲットとしているが、拠点ごとにサーバを設置して個別管理している大企業の採用も多い」と語る。

 バックアップ環境の普及状況について、浅野氏は「業務のITシステムへの依存度が高くなり、その普及率は上がっている。日本ではこれまでデータベースのシステム構築と併せてSIerがバックアップ環境を構築することが多かった。Backup Exec 2012はユーザー企業の管理者やIT専任者のいない企業によるバックアップの設定や運用を想定し、より簡単にバックアップするために機能の拡張や改良を行った」と説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...