2017年02月09日 17時00分 UPDATE
インフォメーション

オンラインセミナー「ディープラーニングとSparkでGO!」ディープラーニング、Sparkによるデータ活用の始め方と、環境構築に最適な基盤の選び方

[ITmedia]
画像

 いまIBM Watsonの基礎技術として注目されているディープラーニング。機械学習の一手法であるディープラーニングは、自然言語処理、音声認識、画像認識などAIのさまざまな分野に応用されており、その学習フェーズにおいては大量なコンピュート・リソースが必要となります。

 本Webセミナーでは、ディープラーニングの概要や活用動向、それを支える環境構築とインフラ選定のポイントに加え、ビッグデータの分散処理技術であるSparkと掛け合わせることによるシナジー効果についてデモを交えて紹介いたします。

オンラインセミナーの見どころ

※本セミナーは2017年3月2日(木)にライブ配信した内容を収録したものです

  • 最近のディープラーニングの活用トレンド
  • 環境構築を始めるにあたっての考慮点や勘所
  • デモ:Spark ×ディープラーニングによって何ができるのか?

講師

画像

日本アイ・ビー・エム株式会社
システムズ・ハードウェア事業本部
先進テクノロジーセンター
頼 伊汝(らい いる) 氏

テキストマイニングや数値解析などアナリティックスに従事。またビッグ・データや機械学習に関するOSSの技術検証、デモ開発を担当。趣味:旅行、美術館めぐり


画像

日本アイ・ビー・エム株式会社
システムズハードウェア事業本部
先進テクノロジーセンター
藤岡 英典 氏

ハードウェア事業の技術営業として活動。メインフレームとオープン系の両刀使いで、データセットからビッグデータ、近年はブロックチェーンやAI技術と落ち着きがない。趣味:テニスを少々

配信期間 2017年3月3日〜2018年3月2日
形 式 オンラインセミナー
参加費 無料
主 催 日本アイ・ビー・エム株式会社

※申し訳ございませんが同業種の方からの登録希望のお申し込みにつきましては、お断りさせていただくことがございますのでご了承ください。

TechTargetジャパン会員なら、簡単に登録可能!

 TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下のアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、オンラインセミナーへの登録が完了します。