2024年02月07日 17時00分 公開
インフォメーション

「SSD」は“あのコスト”を入れるともう高くない?Computer Weekly日本語版+セレクション

SSDとHDDの容量単価の差が縮まってきている。一方で、SSDとHDDを比較する際は容量単価以外にも着目する必要がある。SSDとHDDの価格推移や容量の変化に加えて、具体的な比較ポイントを解説する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「SSDは高い」というイメージが古くなりつつある。SSDベンダーが「SSDはHDDと価格で競争できるようになる」と予測してきた通り、NAND型フラッシュメモリの価格は長期的に下落を続けている。この傾向は、SSDを必要とする一般消費者や大容量ストレージを必要とする企業にとってうれしい傾向だ。

 一方で、ストレージを選定する際は容量単価だけでなく、総所有コスト(TCO)を左右する他のコストにも目を向ける必要がある。英Computer Weeklyの独自調査と分析を基に、SSDとHDDの価格推移や容量の変化と、SSDとHDDの具体的な比較ポイントを解説する。

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら