2010年07月29日 00時00分 UPDATE
インフォメーション

インサイドセールス(内勤営業)に成果を上げさせる5つのポイントリードコンバージョン率アップのためのインサイドセールスコーチング

マーケティング担当者のあなたにとって、リード(見込み客)の営業案件化率を高めることの優先順位が低く、今後もそれが変わらないのであれば、このTechTargetベストプラクティスを読む必要はありません。しかし、マーケターとして、リードをナーチャリング(購買意欲促進)し、クオリファイ(絞り込み)し、できるだけ多くの営業案件を創出していくために最善の方法を知りたいのであれば、本書をご覧ください。

[ITmedia]
ALT リードコンバージョン率アップのためのインサイドセールスコーチング

 今までうまくいかなかったのはなぜか考えてみましょう。

 マーケティングチームが集めたリードをセールスチームにそのまま渡していないでしょうか? そのとき、営業担当者は刈り取り中の案件を優先し、きっとまともにフォローしてくれなかったでしょう。また、適当に数人に電話をかけて反応が悪かったら、「マーケティングから渡されるリードは使えない」という烙印を押され、リードは使われないまま、机かPCの中で眠ることになってしまったでしょう。

 キャンペーンの正念場であるマーケティングとセールスの間に溝があると、その成功は困難です。このような状況を回避し、キャンペーンを成功に導く5つのポイントをまとめました。詳細は、本ベストプラクティスをダウンロードしてください。

  1. インサイドセールスにリード収集元の背景を説明する
  2. コンテンツのタイプ、トピック、タイトルを効果的に活用する
  3. リードの具体的なアクティビティを会話に反映させる
  4. リードナーチャリング(育成)でセールスとマーケティングの取り組みを最適化する
  5. 営業部門全体と密にコミュニケーションする

本資料は、米TechTarget社のベストプラクティスを翻訳し、アレンジを加えた上で編集しました。見込み客を商談につなげるための参考資料としてご活用ください。


TechTargetジャパン会員の方は、メンバーシップにログインした状態で[資料ダウンロード]をクリックすると、PDFファイルをダウンロードすることができます。
TechTargetジャパン会員でない方は、会員登録(無料)してからダウンロードしていただくか、[お問い合わせ]より必須事項を記入の上、内容欄に「リードコンバージョン率アップのためのインサイドセールスコーチングの資料希望」と書いてご連絡ください。後日、担当より資料をお送りいたします。