2012年01月16日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「Microsoft Dynamics AX」導入事例製造業にERPは合わないは過去の話? JFEマテリアル導入事例

独自の業務プロセスにこだわりが強いとされる製造業でERPの導入が進んでいる。パッケージソフトをどう受け止めて、どう活用しているのか。JFEマテリアルのDynamics AX導入事例を紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ERP市場で注目を集めているのがマイクロソフトの動向だ。ソフトウェアベンダー最大手で、WindowsでクライアントPC向けOSの市場をほぼ握り、サーバ向けOSでも高いシェアを誇る。そのマイクロソフトが「Dynamics AX」で国内のERP市場に参入したのが2007年。日本マイクロソフトによると国内での導入実績は100社以上に達した。その1社である素材メーカー、JFEマテリアルの導入事例を紹介する。巨大ソフトウェアベンダーのERPはユーザー企業にどう受け止められているのか。

強い会社に変革するためのシステム導入

 JFEマテリアルは、1999年に日本鋼管富山製造所が分社、独立した会社だ。従業員は約200人で、2011年3月期の売上高は113億円の中堅企業。マイクロソフトのイベントで導入事例を説明したJFEシステムズ 東京事業所 経営管理システム開発部 経理グループ 主任部員の上田昌男氏によると、JFEマテリアルは分社化当時「業務運用に必要な最低限のシステム化だけを行った」。しかし、それから約10年がたちシステムの老朽化が目立ってきたという。それまで使ってきたシステムをアップグレードすることも検討したが、アドオンやカスタマイズが行われていて、アップグレードには多額のコストが掛かることが判明。JFEシステムズが支援し、マイクロソフトのERPである「Dynamics AX」(以下、AX)の導入を決めた。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

心の扉を開くBtoBコミュニケーション――紙のDMの意外な力
BtoBにおける購買担当者の“心”の扉を開くにはどうすればよいのか? IT時代と言われる現...

news004.jpg

第3回 「見込み客」を「確度の高い見込み客」にするための管理/育成手法
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の...