TechTargetジャパン

レポート
IT資産の取捨選択:使い慣れたNotesか、クラウドツールか、判断の基準
 テクノロジーは日進月歩であり、IT資産の刷新はよりよい効果を生むケースが多い。日々の業務を支えるグループウェアについても同様で、例えば「IBM Notes/Domino」は、新しい業務に合わない、コストを削減したい、移行提案を受けたという3つのきっかけで刷新することが...(2016/5/13 提供:コムチュア株式会社)

製品資料
48時間以内に利用可能、クラウドを活用した業務プロセス改善のメリットとは
 業務プロセスの課題として、システム化はしていても現場の状況把握ができずに、業務のプロセス全体が見通せないという点が挙がることは多い。実際の業務の流れは紙やメール、電話などで進められ、業務処理の品質にもバラツキがある。また、硬直化した業務による担当者の...(2016/3/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
味の素・保土谷化学工業に学ぶ、基幹システムクラウド化の「成功のカギ」
 TCOの削減、BCP対策、業務プロセスの標準化・IT統制の強化などを目的に基幹システムのクラウド移行に取り組む企業が増えている。基幹システムは企業運営にとって「止めることができない」システム。クラウドへ移行した後の安定運用をどのように担保するか、コスト、運用...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

事例
成長企業が語る「Excelでのビジネス管理」を止めた理由
 社員数が少なく、事業もシンプルな企業であれば、Excelとメールだけで顧客情報や業務プロセスの管理、スケジュール管理など全てをこなすことができるかもしれない。しかし、事業が拡大し、案件数や人員が増加すると、この手法では必ず限界が訪れる。顧客情報が分散して...(2015/12/22 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
自動車部品や食品などの製造業界ごとに見る、生産システム構築の成功パターン集
 製造業の競争力の源泉である生産管理システム、従来では自社開発することがほとんどだったが、最近ではITの高度化に伴って、構築、運用、改修などにおけるコスト低減メリットから、パッケージ製品の導入を検討する企業が増加している。しかし一方で、各業界の製造過程は...(2015/12/22 提供:株式会社電通国際情報サービス)

製品資料
ITサービス管理は「ITIL準拠」で「柔軟にテンプレート化」を始めよう
 そもそも「ITサービス管理」が必要とされるのは、さまざまなビジネスがITによって支えられ、展開し、加速している現在、これを担うIT部門を効率化し、企業競争力のボトルネックが生まれないようにするためである。そのためのツールや方法は既に数多く存在するため、取り...(2015/12/15 提供:株式会社クレオネットワークス)

技術文書
製品開発において日本製造業が抱える課題と、ものづくりプロセス改革への道標
 ビジネスが急速に変化する市場環境の中、日本の製造業もそれに合わせた戦略立案や業務改革を遂行する必要がある。しかし、業務改革を戦略どおりにスピーディーに遂行できないと苦戦されている業務プロセス改革を担当されている方も多いのではないだろうか。 このような...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
レポート:財務部門の変革を促す業務改善のヒントとは?
 CFO Researchが行った2014年の調査では、財務業務スタッフが直面している課題は「貧弱な業務プロセス」と「使いにくい情報システム」だと報告している。財務部門は長年にわたり個別プロセス向けのシステムに投資を続けた結果、連携が貧弱なシステムの寄せ集めで業務を行...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
4つの特長で確認 グローバルサプライチェーンに必要な「データの管理・統合」とは
 企業はグローバルなサプライチェーン全体において、多くの取引パートナーの需要に対応するため、データを統合、移動、共有、制御する必要に迫られている。パートナーとの間で作成、保管、交換される膨大なデータを、迅速・安全に管理するためのITインフラとシステムが求...(2015/9/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
富士ゼロックスマニュファクチュアリングの生産現場が業務効率の最大化に向けて行った工夫
 製造業の生産現場では、部品や製品の在庫情報を基にコストを最適化する生産計画を策定する。そのためには、各部門が情報を共有し、更新される業務プロセスに合わせた正確なデータ活用が必要になる。しかし現場では、情報の抽出や、参照するシステムの変更をIT部門に依頼...(2015/8/26 提供:ウイングアーク1st株式会社)

その他
いまどきのエンジニアはどう育てればいい?
 「ゆとり教育」を受けてきた、いわゆる“ゆとり世代”が社会人となり、数年が経つ。彼らを指導する側である部課長や先輩社員の多くが、「若手とコミュニケーションが取れない」と感じているようだ。 ベテランエンジニアと若手エンジニアの間には、コミュニケーションの...(2015/8/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
約80%のコスト削減を実現する「電子請求書プラットフォーム」の実力とは?
 電子請求書プラットフォームは、請求書を発行する側と受け取る側の双方で利用することにより、大幅なコスト削減を実現できる。処理スピードが迅速化されることで作業の時短化が進み、生産性が向上するだけでなく、決算の早期化も実現し、正確な経営状況の把握も可能にな...(2015/7/24 提供:株式会社インフォマート)

事例
国内最大級の無線LANスポット提供企業に聞くDevOps実践、ツール選びで何を重視した?
 公衆無線LANサービスで国内最大級のスポット数を持つワイヤ・アンド・ワイヤレス。訪日外国人に対して無償で公衆無線LANサービスを提供したり、最近では国内に幅広く展開したアクセスポイントの利用動向を把握し、マーケティング情報として企業に提供するサービスも始め...(2015/6/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
スマホの普及で「境界型セキュリティ」は崩壊? 今取るべき4つの対策とは
 企業のクライアント端末として、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスは急速に浸透している。商品カタログや動画などを見せるビュワーとしての役割だけでなく、外出先から社内システムへアクセスするリモートアクセス端末としての活用も広がり、業務プロ...(2015/6/11 提供:株式会社シマンテック)

Webキャスト
PaaSで業務プロセスを構築──SaaS導入時の「困った」はこうして解決する
 SaaSのメリットは、オンプレミスと比べて迅速に導入できる、システム運用負荷を低減できる、低コストで運用・導入できるなどさまざまある。一方でIDC Japanの調査によると、SaaSの懸念事項として「自社の業務と合わない」「カスタマイズ/アドオンが困難」「機能が不足...(2015/6/8 提供:日本オラクル株式会社)

事例
事例:TOTOの商品開発を支える、ワークステーション仮想化による全社CAE基盤の構築
 CAE基盤は工業製品の設計・開発工程を支援するシステム基盤であり、高度な解析技術が求められるため、高性能なワークステーションを活用していることがほとんどだ。さらに製造業におけるCAE基盤は、単一の部署が構築・運用するだけにとどまらず、製品開発にかかわる複数...(2015/5/25 提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社)

事例
【事例】1万ファイルを1分弱で送信完了。全国47都道府県、遠距離間のデータ共有をリアルタイム化した秘訣
 複数拠点に事業所、店舗を有する企業で課題となるのが、各拠点とデータセンター間のファイル共有だ。ほぼリアルタイムでデータセンターと各拠点のサーバ間でデータ共有する必要がある場合、限られたネットワーク帯域やシステム全体の安定性を担保することが重要である。(2015/5/13 提供:Arcserve Japan合同会社)

レポート
BPMの教科書──基本からソーシャル機能を取り込んだ最新手法まで
 BPM(ビジネスプロセスマネジメント)は、古くて新しい経営改善の手法だ。以前から企業は業務プロセス、つまり仕事の手順の改善に取り組んできた。しかし組織が巨大化し、ビジネスの多様化が進み、財務会計のルールが複雑化するにつれ、業務プロセスの改善はプロジェク...(2015/4/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Windows XPより怖い? 「Windows Server 2003」サポート終了の落とし穴
 米MicrosoftのサーバOS「Windows Server 2003」のサポートが2015年7月に終了する。OSサポート終了といえば、クライアントOS「Windows XP」のサポート終了が記憶に新しいが、サーバOSのサポート終了のインパクトはクライアントOS以上だという見方が根強い。業務プロセス...(2015/3/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
手組み基幹システムを4カ月で移行、グローバル企業の「二層構造ERP」成功の秘訣
 自動車に利用される接着剤の日本国内シェア約80%を占めるロード・ジャパン・インクは、世界9カ国に16の生産拠点、90を超える販売拠点を擁する米LORD Corporationの日本法人だ。 同社は1991年からホストコンピュータを使った手組みの基幹システムを運用してきたが、年...(2015/3/13 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
x86サーバを超越した「超高速サーバ」──搭載テクノロジーの全貌に迫る
 ERP、SCM、CRM、BIなど目的ごとに分断されていたITを統合し、業務プロセスをリアルタイムに結び付ける。顧客行動とメタデータから価値のある情報を瞬時に導き出し、ビッグデータ時代をリアルタイムなアクションで勝ち抜く……。「やろうとしても、なかなかできなかった...(2015/2/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
位置情報とモバイルCRMの連携で「商談数を増加させる最新手法」とは?
 モバイルを活用し個々のフィールドワーカーの業務プロセスを改善することは重要な施策だ。行動計画の準備、報告書の作成などを省力化することにより、そのぶん顧客接点の時間が増え、商談件数のアップが期待できるからだ。だが、限られた時間のなかで顧客接点を最大化す...(2014/12/22 提供:株式会社オークニー)

レポート
85%の企業がERPをカスタマイズ利用──低コストで柔軟なERPカスタマイズを実現する方法
 ERPアプリケーションを利用しているほとんどの企業は、自社の要件に合わせてカスタマイスしている。パノラマコンサルティングの調査によると85%の企業がERPを何らかの形でカスタマイズして利用しているという。カスタマイズはゼロから開発するよりは安価だが、開発や展...(2014/12/1 提供:ネットスイート株式会社)

レポート
M&AやIPOなど、これからの経営戦略のための基盤に必要な7つのルールとは?
 これまでの企業経営は、一定の顧客基盤と独自ノウハウで競争優位に立つことができたが、生産者と消費者が同じレベルの情報を集めることができるようなった現在、マーケットのライフサイクルが多様化し、従来通りの取引規模やサイクルでビジネスを維持することは難しくな...(2014/11/11 提供:ネットスイート株式会社)

製品資料
業務効率を大幅改善! ビジネスプロセスの「標準化」「見える化」「統制」
 業務効率は、業務手順と案件の進捗状況の管理、つまりビジネスプロセスを見直すことで、効果を上げることができる。ビジネスプロセスの管理とは、ビジネスプロセスのあらゆる要素を「標準化」「見える化」「統制」することで実現できる。具体的には「業務手順や案件情報...(2014/10/20 提供:株式会社アイネス)

Webキャスト
営業に“気付き”を与えるクラウド型SFA/CRMサービス
 社員の異動に伴う引き継ぎに手間取り、顧客との関係が気まずくなるケースは少なくない。また、受注見込情報を事前に関連部署と共有できずに、見込管理、案件管理に困るトラブルもよく見かける。このようなトラブルを解消し、情報を個人の資産から組織や企業の資産に変え...(2014/10/16 提供:ナレッジスイート株式会社)

レポート
ソーシャルビジネスで真の成果を生み出す方法
 今日、企業の経営陣の多くが、ソーシャルビジネスは大きな価値を生み出す絶好の機会になると理解している。だが、実際に大きな利益を上げている企業はその中の数%に過ぎない。そうした企業は、自社のビジネスにFacebookなどの一般的なSNSだけでなく、独自のソーシャル...(2014/7/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
既存業務システムの限界を解決する「スマートプロセスアプリ」とは?
 企業はこれまで、CRMやERPなど主に社内業務の効率化を実現するシステムに投資してきた。これらは業務プロセスが明確に定義され、体系化されている場合は非常に有効なシステムであり、設計段階では処理能力、規模、成果に直結するプロセスなどが重視される。 ところがFo...(2014/4/24 提供:Kofax Japan株式会社)

技術文書
「この工場でしか作れない」は、もはや通じない――製造業が『止めずに作る』『どこでも作れる』を実現するには
昨今の製造業の生産過程では、効率の良さや安定性がかつてに増して最重要課題となっている。安く・早く・良いものを作る体制を整えるだけでなくBCP対策も必要となってきた。今や”この工場でしか作れない”では通用しない。製品の需要変動に応じて、柔軟に生産する拠点を...(2014/2/18 提供:日本電気株式会社)

技術文書
NECのモノづくりノウハウをあなたに!「ものづくり共創プログラム」とは?
在庫の削減、リードタイムの短縮、変動対応力の強化、グローバルに伴うサプライチェーンの最適化など、製造業にはものづくりの仕組みの革新・強化が求められている。製造業の様々なものづくりの課題を解決するために、NECは『ものづくり共創プログラム』というコンセプト...(2014/2/18 提供:日本電気株式会社)

Loading