TechTargetジャパン

製品資料
「脆弱性を正しく評価」してセキュリティリスクを効果的に低減する方法とは
 企業のITシステムにとって、脆弱(ぜいじゃく)性は大きな脅威となる。しかし脆弱性が存在する場所は、PCやUSBデバイス、ネットワーク、各種アプリケーションにとどまらず、最近導入が進んでいるモバイル機器やWebアプリ、クラウドアプリと広範囲に及ぶ。さらに、ハード...(2017/9/15 提供:SecureWorks Japan株式会社)

製品資料
「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ
 デジタル技術を利用した業務の変革が世界中で進む中、その鍵となる領域として注目され始めたのが「署名プロセス」だ。ビジネスのあらゆる場面で求められる、文書による承認を電子化することは、業務の効率化やコスト削減だけでなく、優れた顧客体験を提供することにもつ...(2017/8/31 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤
 ビジネス環境がめまぐるしいスピードで変化する中、変化に対応しつつ、業務プロセスや経営資源を管理する基幹システムの導入が企業にもたらすメリットは大きい。情報共有を志向したオープンなシステムなら、経営と現場を効率よく結び付け、さまざまな部門・プロセスを統...(2017/8/23 提供:ネットスイート株式会社)

事例
8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット
 ERPでは、企業における製造・物流・販売・調達・人事・財務会計などに関する業務活動の情報管理を支援する。これによって、業務の「見える化」を実現し、効率化や業務プロセスの改善、意思決定の迅速化を実現している。しかし、実際の導入では、既存システムを置き換え...(2017/8/21 提供:株式会社日立システムズ)

事例
「情報は量が重要」、ヤフーに学ぶ社内情報共有による業務スピード向上
 「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーでは、情報共有のために社内標準の情報共有システムを構築している。それを全社、全部門、約7000人の一般社員や経営陣が日々、利用している。利用頻度も非常に高く、1日約15000ページが新規作成または更新されているという。 同社では...(2017/8/1 提供:リックソフト株式会社)

製品資料
アナリティクス活用で意思決定を自動化――業務を効率化する8つの機能
 収益性や顧客満足度など、ビジネスの世界では、日々さまざまな業務に影響する多数の意思決定が行われている。その中で、分析モデルの展開を統合/効率化し、アナリティクスを活用して意思決定を自動化するアプローチが注目されている。これにより、業務プロセスの効率性...(2017/7/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
アルパインが短期間にグローバルで業務プロセスを統一、品質管理業務を効率化
 自動車業界に求められる品質管理は年々高度化している。それはサプライヤーも同様だ。自動車関連製品を製造・販売するアルパインは、欧州の自動車企業が求める品質管理レベルに対応するため、品質マネジメントシステム(QMS)の見直しに着手した。 そこで同社が注目し...(2017/7/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
現場に支持される旧システムを刷新、ERP導入を成功させた4つの秘訣とは?
 現場の要望に応える形で改修を続けてきたシステムは、業務部門にとっては極めて使い勝手がよい。しかし、メンテナンスの負荷を減らしたいIT部門や、ビジネスの強化を図りたい経営陣にとっては、扱いづらいシステムであることが多い。このような場合、システムの刷新はど...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
重要課題“ワークスタイル変革”が必要な5つの理由と解決策
 日本国内における労働人口の減少は、企業の活動に大きな影響を与えるのは間違いない。その一方で、グローバルな競争はますます激しくなっている。このような状況で、企業が競争力を高めるためには、ワークスタイル変革や業務プロセス改善をさらに進め、生産性を向上させ...(2017/6/1 提供:リックソフト株式会社)

事例
4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」
 デジタル変革は、顧客接点から従業員の働き方、業務プロセスや商品・サービスそのものまで、さまざまな変革を企業にもたらす。デジタル変革はあらゆる業種・業態の企業に恩恵をもたらすものだが、特に小売業を中心としたB2Cビジネスではデジタル変革による競争が激しく...(2017/5/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用
 毎年、約2100万人の乗降客が利用する福岡空港。その運営を手掛ける福岡空港ビルディングでは、搭乗設備の運用管理、チェックインなどの多くのシステムを提供・運用してきた。しかし、365日の運航に対応する上、空港利用客の増加やIT化の進展で、業務負荷が無視できない...(2017/5/22 提供:株式会社クレオ)

事例
情報共有基盤の刷新で商談計画を可視化、中堅・中小製造業を支えるツールとは?
 電気・通信インフラを手掛けるイートラストは順調な事業拡大の一方で、社内の情報共有に悩んでいた。事業領域の異なる2社が合併した上に、従業員が4拠点に分散。中途採用の従業員も多く、社内カルチャーが多様化しており、現場の把握と経営ビジョンの浸透が困難な状況に...(2017/4/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
パナソニック 業務プロセスの効率化で実現する「製造現場の見える化」
日本を代表する製造業であるパナソニックの家庭電化・冷熱空調事業領域を担当するアプライアンス社では、「製造現場の見える化」推進の基盤としてQlikViewを核に、情報の活用を行っている。グローバル展開する企業は、競争がますます厳しい時代に突入し、刻一刻と変わる状...(2017/3/31 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

レポート
中堅企業のペーパーレス事情――なぜ私たちは、まだ紙に振り回されているのか
 多くの企業では、ペーパーレスの価値を認識しているにもかかわらず、さまざまな理由で後回しにされ、「ペーパーレスオフィス」はなかなか実現しない。だからといってペーパーレス化を諦めてしまうと、これからもさまざまな場面で不便を強いられることは想像に難くない。(2017/3/30 提供:アイティメディア株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
複数の質問に同時対応、AIで問い合わせ対応を自動化する
 AIを活用した、チャットボットの利用シーンが拡大している。WebコンシェルジュとしてWebサイトの閲覧者に対応したり、オリジナルアプリやSNSアカウントなどを通じてユーザーの疑問を解消したりと、企業の問い合わせ対応にも幅広く活用されている。 AIによるチャットボ...(2017/3/21 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
IT部門の“ビジネス貢献”を考えると見えてくる「ITSMツール」導入のポイント
 IT部門に求められる「ビジネスへの貢献」という期待に応えるには、ITサービスマネジメント(ITSM)への取り組みが欠かせない。その具体的な運用に役立つのが、ITサービス全体の適切な管理を支援するための変更管理・リリース管理機能などを備えたITSMツールだ。 その中...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

製品資料
ファッショントレンドをつかみ、業界特有のニーズに応えるERPの形
 服飾や靴、バッグ、雑貨などを扱うファッション企業は、消費者のニーズに合わせて、適切な商品を、適切な数量、適切な価格、適切なタイミングで提供するマーチャンダイジングをビジネスの基軸にしている。この幅広い業務プロセスを1つのERPパッケージで運用できれば、多...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
業務プロセスの可視化・改善とIT化で実現する“真”の働き方改革
 生産性の低下、慢性的な残業、業務の属人化といった現象は、多くの企業で生じている問題である。この解決策としてシステム導入は有効な手段だが、一方で導入後に現場からの手戻りが発生し、導入したシステムが使われないままに陥るケースが多く見られる。 この問題の一...(2016/11/22 提供:株式会社システム科学)

事例
個人情報を強固に守る「データ転送ツール」の活用法
 顧客企業の業務プロセスを一括受託するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)、ソフトウェアソリューション、システムインテグレーションの3つを柱に事業を展開するアグレックス。中でもBPOは創業以来およそ半世紀の実績を持つ主力事業だ。利用企業数は全国で1100社...(2016/9/13 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

レポート
マーケティング業務プロセスを自動化し確度の高い見込み客リストの生成へ
 米国ではFortune500の大企業の半数以上が導入しているという「マーケティングオートメーション」。導入企業は、未導入企業と比べて2倍以上のリード(見込み客)を獲得しているという報告もあり、日本でも採用企業が増えつつある。 その最大の目的は、見込み客情報の獲...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

講演資料
設計業務の成熟度向上で「脱・属人化」を図る―ノウハウの表出化・標準化・自動化―
 製品が販売されるまでに、どんなモノでも企画・設計し、生産そして販売へと進むプロセスをとるが、その詳細は個々の受注内容によって様々だ。 特に量産型案件と個別受注型案件が混在する中で、製品それぞれの質と開発スピードを担保するために必要なのが業務プロセスを...(2016/8/29 提供:SCSK株式会社)

レポート
IT資産の取捨選択:使い慣れたNotesか、クラウドツールか、判断の基準
 テクノロジーは日進月歩であり、IT資産の刷新はよりよい効果を生むケースが多い。日々の業務を支えるグループウェアについても同様で、例えば「IBM Notes/Domino」は、新しい業務に合わない、コストを削減したい、移行提案を受けたという3つのきっかけで刷新することが...(2016/5/13 提供:コムチュア株式会社)

製品資料
48時間以内に利用可能、クラウドを活用した業務プロセス改善のメリットとは
 業務プロセスの課題として、システム化はしていても現場の状況把握ができずに、業務のプロセス全体が見通せないという点が挙がることは多い。実際の業務の流れは紙やメール、電話などで進められ、業務処理の品質にもバラツキがある。また、硬直化した業務による担当者の...(2016/3/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
味の素・保土谷化学工業に学ぶ、基幹システムクラウド化の「成功のカギ」
 TCOの削減、BCP対策、業務プロセスの標準化・IT統制の強化などを目的に基幹システムのクラウド移行に取り組む企業が増えている。基幹システムは企業運営にとって「止めることができない」システム。クラウドへ移行した後の安定運用をどのように担保するか、コスト、運用...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

事例
成長企業が語る「Excelでのビジネス管理」を止めた理由
 社員数が少なく、事業もシンプルな企業であれば、Excelとメールだけで顧客情報や業務プロセスの管理、スケジュール管理など全てをこなすことができるかもしれない。しかし、事業が拡大し、案件数や人員が増加すると、この手法では必ず限界が訪れる。顧客情報が分散して...(2016/2/1 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
自動車部品や食品などの製造業界ごとに見る、生産システム構築の成功パターン集
 製造業の競争力の源泉である生産管理システム、従来では自社開発することがほとんどだったが、最近ではITの高度化に伴って、構築、運用、改修などにおけるコスト低減メリットから、パッケージ製品の導入を検討する企業が増加している。しかし一方で、各業界の製造過程は...(2015/12/22 提供:株式会社電通国際情報サービス)

製品資料
ITサービス管理は「ITIL準拠」で「柔軟にテンプレート化」を始めよう
 そもそも「ITサービス管理」が必要とされるのは、さまざまなビジネスがITによって支えられ、展開し、加速している現在、これを担うIT部門を効率化し、企業競争力のボトルネックが生まれないようにするためである。そのためのツールや方法は既に数多く存在するため、取り...(2015/12/15 提供:株式会社クレオネットワークス)

技術文書
製品開発において日本製造業が抱える課題と、ものづくりプロセス改革への道標
 ビジネスが急速に変化する市場環境の中、日本の製造業もそれに合わせた戦略立案や業務改革を遂行する必要がある。しかし、業務改革を戦略どおりにスピーディーに遂行できないと苦戦されている業務プロセス改革を担当されている方も多いのではないだろうか。 このような...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
レポート:財務部門の変革を促す業務改善のヒントとは?
 CFO Researchが行った2014年の調査では、財務業務スタッフが直面している課題は「貧弱な業務プロセス」と「使いにくい情報システム」だと報告している。財務部門は長年にわたり個別プロセス向けのシステムに投資を続けた結果、連携が貧弱なシステムの寄せ集めで業務を行...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

Loading