TechTargetジャパン

技術文書
在庫管理のボトルネックを評価する8つのチェックリスト
 物理的な商品を扱う場合も、サービスを扱う場合も「在庫管理の的確さ」は、中堅・中小企業にとって、競争優位性を確立するかの分かれ目となる重要な要素である。 しかし、アパレル企業が考える経営のスリム化はおそらく、電子部品メーカーからすれば過剰であったり、ジ...(2013/8/16 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
製造業の要は在庫管理と原価管理。20%の売上げ増も実現したERP導入事例
 製造業におけるERP活用の事例を紹介する。紹介する3社は約2ヶ月という短期間でERPを導入し素早く効率化を実現した。小規模企業の特長でもあるスピーディな動きを生かすためにも短期導入できるソリューションが必要だったのだ。 事例の1社では、ERP導入前までは「販売」...(2013/4/1 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」
 医療機関におけるIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用システムとして既に地位を確立しつつあるが、患者や医療スタッフの位置情報把握、さらには生体情報の遠隔モニタリングといった分野にも広がりを見せ、患者満足度の向上につながっている。また医療業界でのロ...(2016/12/8 提供:アイティメディア株式会社)

事例
富士薬品に聞く高速DB構築手法、1200店舗の会計処理はどれだけ高速化した?
 2014年に設立60周年を迎えた富士薬品。国内シェアトップの配置薬事業をはじめ、ドラッグストア事業と調剤薬局事業など複合型医薬品企業として躍進を続けている。その舞台裏では、商品マスターをはじめ、販売、受発注、在庫管理などの基幹業務に関わるデータベースが支え...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

レポート
小売・流通専門家に聞く:オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
 海外の小売業では数年前からオムニチャネルを推進する動きが活発となり、あらゆる購買チャネルをシームレスにする「シームレスリテーリング」という言葉も登場した。そして、遅れて日本でも企業での取り組みが本格化し始めている。もちろん、これまでも小売業のECサービ...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

製品資料
店舗誘導やイベント集客にすぐ効く、顧客の行動を促す販促キャンペーンとは?
 店舗誘導や会員獲得、顧客満足度の向上、イベント集客などを目的として行われる販促キャンペーン。より多くの顧客との接触を目指してインセンティブを付ける場合、少人数に高額の景品を出すよりも、多人数に少額の景品を出した方が高い効果を得られる。 しかし、実際は...(2016/8/22 提供:株式会社ギフティ)

製品資料
小売業者のHadoop活用術、より少ない投資で効率的なビッグデータ分析をする方法
 Apache Hadoopは大規模なデータを並列分散処理するオープンなフレームワークで、一般的なビッグデータ分析では多くのユーザーが活用している。近年、このフレームワークにYARN(Yet Another Resource Negotiator)などの機能が加わり、複数の並列分散処理を同時に行える...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

事例
会計/販売管理/在庫管理システムの個別運用を統合しクラウド化するには?
 「JINS(ジンズ)」のブランド名で知られるアイウエア事業を中心に、高機能・高品質を追求しながら、既成概念にとらわれない事業戦略でビジネスを追求するジェイアイエヌ。同社では、会計/販売管理/在庫管理システムの個別運用がビジネスのボトルネックとなり、業務効...(2014/7/14 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
成長企業が選びたいクラウドERP、短期間・低コストで実現する経営の可視化
 生産から販売・会計などを統合管理できるERPシステム。コスト低減や経営判断の迅速化・高度化を図るために中堅・中小企業などでも導入が進んでいるが、自社のニーズに合わせたカスタマイズが必要な製品も多い。 システム部門を持たない成長企業などでは、このことがERP...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

事例
日本パレットレンタルが業務用モバイルアプリを開発、その効率化の鍵とは?
 物流パレットのレンタル事業を展開する日本パレットレンタルでは、パレットの所在・在庫管理のさらなる効率化が課題であった。2013年9月には、物流機器管理ソリューション「Llink(エルリンク)」を立ち上げ、RFIDを活用したRTI(Returnable Transport Items:通い容器...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
販促キャンペーンのコスト削減ができるデジタルギフト、活用事例で解説
 企業がキャンペーン景品を配布・送付する場合、商品代金に加え、梱包や配送などのコストが必要になるほか、当選者や請求者に届くまでのリードタイムがかかるという課題があった。また、個人情報の取り扱いに関する負担もあった。 こうした課題の解決策として注目されて...(2016/12/2 提供:株式会社ギフティ)

製品資料
Azureベースの独自クラウド、導入・運用の不安を解消するサービスとは?
 近年、ITシステムの変化を促す要因が多様化していることから、法制度やエネルギー・環境問題のような社会状況にも迅速に対応できるクラウドへの移行が進んでいる。しかし、不慣れなクラウドサービスの導入や運用には不安を感じる企業も少なくない。 そんな企業が注目し...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

レポート
会計システムのトレンド調査:ユーザーは何に不満を感じているのか?
 消費増税や会計基準変更、ワークスタイルの多様化などにより、会計システムへのニーズは年々変化してきている。その一方で、会計システムを長期に渡って利用する企業は増加傾向にあり、近年はニーズとマッチしない状況が目立ち始めている。 ミロク情報サービスとZDNet ...(2016/12/9 提供:株式会社ミロク情報サービス)

レポート
トヨタ式の改善手法で情報システム改革――多品種少量のB2C物流にも対応
 ここ数十年の間で物流/倉庫業界は、3PL(3rd Party Logistics)という業務形態の登場やグローバル対応、災害リスクに対応した分散型物流の取り組みなど、常に変化にさらされてきた。近年ではEC市場の拡大に伴うB2C物流に対応するため、多品種少量発送という大きなニー...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
3カ月で受発注システムを構築、基幹業務システムを短期立ち上げできた秘訣とは
 日々ビジネスのスピードが速まる現在、ますます業務の効率化と迅速なビジネス判断が求められている。市場の環境変化に柔軟に対応するためにも、基幹業務の短期立ち上げが大きな課題となっている。こうした場合、クラウド型ERPの利用は「必要なときに、必要な機能を、必...(2015/10/6 提供:富士通株式会社)

製品資料
業務プロセスの可視化・改善とIT化で実現する“真”の働き方改革
 生産性の低下、慢性的な残業、業務の属人化といった現象は、多くの企業で生じている問題である。この解決策としてシステム導入は有効な手段だが、一方で導入後に現場からの手戻りが発生し、導入したシステムが使われないままに陥るケースが多く見られる。 この問題の一...(2016/11/22 提供:株式会社システム科学)

製品資料
本番DBに負荷をかけないレプリケーションが生み出す6つの価値
 システムのダウンタイムの許容時間が短くなり、ますますビジネスのスピードが求められる中で、本番データベースに負荷を掛けないDBレプリケーションの活用が見直されている。優れたレプリケーション技術を導入することで、データ統合やスケーラビリティの向上、リアルタ...(2016/11/10 提供:クエスト・ソフトウェア)

技術文書
クラウド導入で陥る“3つのミス” 成功と失敗の分かれ目は?
 あなたはご自身のことをクラウドコンピューティングの専門家だと考えているかもしれない。だが、数年前の状況を考えてみてほしい。クラウドについてほとんど知らなかった事実に驚くのではないだろうか。もちろん、ミスを恐れずに取り組まなければ、何も学ぶことはできな...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
カスタマイズ型ERPがワンシステムで基幹業務をカバーできる理由
 ERPには、販売管理、生産管理、会計管理の組み合わせによって「単体集合型」「会計付属型」「業務統合型」の3パターンがある。その1つである業務統合型ERPは、販売管理、生産管理、会計管理に必要な機能を搭載しており、経営に必要な情報を正確かつタイムリーに把握でき...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

事例
SAPの本番環境までAzure上に移行、東洋合成工業が少人数で移行できた方法とは?
 SAPなどの基幹システムをオンプレミスで運用する場合、どうしても避けられないのがハードウェアの老朽化や保守期限切れ、ユーザー数の増加に伴うパフォーマンス低下だ。そのため、近年は基幹システムのクラウド移行も検討されるようになってきた。 この取り組みにおけ...(2016/10/4 提供:富士通株式会社)

製品資料
「食の安全」を支える食品業界に特化した販売/生産管理、3つのポイントとは
 食品業界の在庫管理には、不定貫、荷姿管理、賞味/消費期限・製造日管理といった食品業界特有の仕様があり、汎用的なERPでは対応しきれず、カスタマイズが必要だった。 「AZCLOUD SaaS 食品」は、上記のような食品加工業特有のさまざまな仕様に対応した業務システムに...(2014/11/10 提供:株式会社富士通マーケティング)

製品資料
ビジネスルールの柔軟かつ迅速な変更で商機をつかむ、BRMS基盤活用の勘所とは?
 ビジネスルールは、「ある条件下で一定期間割引サービスを行う」といったものから、「金融市場の状況に合わせて投資ガイドラインを適宜変更し、適用する」「査定を厳密に行いながら素早くサービス提供をする」といったものまで幅広く存在している。従って、ビジネスルー...(2016/8/1 提供:株式会社アシスト)

技術文書
今こそ、物流は変化を迫られている――「戦略的ロジスティクス」改革の5項目
 一般に日本企業の物流管理は非常に高いレベルにある。しかし企業競争において求められているのは、物品を物理的に保管・移動する単なる「物流」機能の充実ではなく、販売部門に必要な物品を送り込むための、プロセス全体という意味での「ロジスティクス戦略」の確立であ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

レポート
今あらためて確認する「Raspberry Pi」の性能と業務利用の可能性
 Raspberry Piは、どちらかというと「IoT」(モノのインターネット)というキーワードとともに組み込み開発系のベンダーやユーザー、そして、自分で構築するセンサーなどを組み込んだシステムのデバイス用として「趣味の自作ユーザー」を中心に話題となっていた。しかし...(2016/9/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IoT時代のデータ分析、データサイエンティストは1日60時間労働しかないのか?
 IoTの活用は、収集したビッグデータを分析した結果を基に新しいサービスを始めたり、業務の最適化をしたりすることにある。つまり、最終的に分析するところまで持っていかない限り、ビッグデータからは何の価値も生まれないということになる。 しかも、IoTなどで使うセ...(2016/9/9 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
全てのチャネルを融合し、顧客情報を一元化 顧客ロイヤリティーを高めて“囲い込み”を狙う
 情報通信と物流ネットワークの発達により、百貨店がテレビショッピングに参入するようなマルチチャネルの販売形態が一般化してきた。しかし、マルチチャネルでは、各チャネルの連携が不十分であることから、全てのチャネルをシームレスに融合した「オムニチャネル」が注...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

レポート
クラウドを進化させるネットワーク構築「5つのポイント」
 ハイブリッドクラウドを運用する多くの企業にとって、次なる目標はネットワークの仮想化だ。この動きは、本社だけでなく全拠点でクラウドシステムの利用が進み、モバイルやSNS、ビッグデータ分析などの用途が広がることで、ネットワーク運用にさまざまな課題が増えてき...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
国内製造業におけるIT投資の現状と今後の見通し
 現在、製造業のIT投資に対する意欲はどのような状況にあるのだろうか? IT専門調査会社であるIDC Japanは、国内企業のCIOや情報システム部門長、またはそれに準ずる立場の管理者を対象に、IT投資動向およびIT部門の課題/取り組みなどについて調査を実施。その結果を公...(2016/8/24 提供:KDDI株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

事例
通信制限のある船舶内で、Windows搭載の特殊端末のセキュリティトラブルを50%削減させた対策とは?
 USBメモリや私物端末持ち込みによるウイルス感染や、ユーザーによる業務外アプリのインストールによって起きる障害の増加に伴い、その対応負荷は増える一方だ。特に通信環境に制限があり、安定稼働を重視する工場の生産ラインや生産管理・在庫管理システムなどの開発・...(2015/11/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

Loading