TechTargetジャパン

技術文書
在庫管理のボトルネックを評価する8つのチェックリスト
 物理的な商品を扱う場合も、サービスを扱う場合も「在庫管理の的確さ」は、中堅・中小企業にとって、競争優位性を確立するかの分かれ目となる重要な要素である。 しかし、アパレル企業が考える経営のスリム化はおそらく、電子部品メーカーからすれば過剰であったり、ジ...(2013/8/16 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する?
 小売業の発注業務を支援する在庫最適化システムは便利なものだが、従来は販促プロモーションなどのイレギュラーな需要に対応しきれない点が課題となっていた。需要予測ができず、販促の初期段階で在庫不足になったり、販促終了時に過剰な在庫を抱えてしまったりといった...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
リアルタイム分析で意思決定を加速、インテルが目指したサプライチェーン最適化
 市場環境の流動性が高まる中、多くの企業がサプライチェーンのリアルタイム管理を目指している。しかし、その実現にはシステム面で解決すべき多くの課題が残されている。例えば、リアルタイムの需給計画を妨げるデータ遅延、複雑化したデータ収集が生むデータの断片化な...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

事例
高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例
 岡山県倉敷市に本社を置く萩原工業は、従業員数が約1300人、売上高が約225億円の中堅製造企業だ。同社がERPを導入したのは2004年。当時はまだ、ERPといえば大企業が採用するシステムという位置付けだったが、同社は中堅企業としては早い段階で導入を決断した。 きっか...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

その他
受注業務の効率化とコスト削減を両立、EDI受注業務システムの8つのポイント
 EDI(電子商取引)では、商取引に関する各種情報を発注側/受注側双方のコンピュータが通信回線を介してやりとりを行う。このとき受注側に設置されるEDI受注業務システムでは、受注データを納品書や請求書、出荷の手配などに利用できるため、取引業務の一元管理、あるい...(2017/7/13 提供:株式会社インターコム)

製品資料
ERP/CRM/Eコマースを統合、クラウド型基幹システムが業務を変える6つの理由
 分業化が進んだ現在のビジネスは、顧客管理や在庫管理、会計、営業支援、Eコマース、人事管理などを行うさまざまなシステムによって支えられている。従来は、これらを独立して運用し、分散したマスターデータやトランザクションデータの同期・連携を図ってきた。 その...(2017/1/5 提供:Shearwater Japan株式会社)

レポート
IoT活用の最先端、フィールドサービスに見るコスト効率と改善分野
 急速に普及するIoT(モノのインターネット)技術。その変化の波を強く受けるとみられているのが、点検や修理など現場に移動して作業を行うフィールドサービスだ。そもそもIoTの起源はフィールドサービス管理にあるという説もあるように、その親和性は極めて高い。 IoT...(2017/4/6 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
製造業の要は在庫管理と原価管理。20%の売上げ増も実現したERP導入事例
 製造業におけるERP活用の事例を紹介する。紹介する3社は約2ヶ月という短期間でERPを導入し素早く効率化を実現した。小規模企業の特長でもあるスピーディな動きを生かすためにも短期導入できるソリューションが必要だったのだ。 事例の1社では、ERP導入前までは「販売」...(2013/4/1 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」
 医療機関におけるIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用システムとして既に地位を確立しつつあるが、患者や医療スタッフの位置情報把握、さらには生体情報の遠隔モニタリングといった分野にも広がりを見せ、患者満足度の向上につながっている。また医療業界でのロ...(2016/12/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
大企業と同等の機能を実現、中堅・中小企業が選びたいクラウドERPは?
 あらゆる業務領域の情報を一元管理し、可視化するERPは、経営の効率化に非常に有効な武器となり、企業の強力な経営基盤となる。しかし、従来のERPは、特に中堅企業や中小企業にとって導入のハードルが高かった。 例えば、ビジネスプロセスの再設計は、それが必要だと分...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤
 顧客の趣味、好み、行動などの情報を戦略的に取得、一元管理して、それを分析することは非常に多くのメリットがある。例えば、分析データをデジタルマーケティング基盤として利用することで、マーケティング施策を最適化したり、顧客の趣味・好みに合わせたサービスを展...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

事例
4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」
 デジタル変革は、顧客接点から従業員の働き方、業務プロセスや商品・サービスそのものまで、さまざまな変革を企業にもたらす。デジタル変革はあらゆる業種・業態の企業に恩恵をもたらすものだが、特に小売業を中心としたB2Cビジネスではデジタル変革による競争が激しく...(2017/5/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
製造業向けエグゼクティブ セミナー レポート IoT時代のサービス改革 〜顧客満足度向上と収益拡大に向けて〜
PTC ジャパンは製造業におけるサービス変革、顧客満足度に関心のある役員、経営者層の方々を対象に『製造業向けエグゼクティブ セミナー IoT 時代におけるサービスの変革』を開催した。本セミナーでは、すでにサービス事業の変革に積極的に取り組んでいる国内外の先進的な...(2017/3/6 提供:PTC ジャパン株式会社)

事例
富士薬品に聞く高速DB構築手法、1200店舗の会計処理はどれだけ高速化した?
 2014年に設立60周年を迎えた富士薬品。国内シェアトップの配置薬事業をはじめ、ドラッグストア事業と調剤薬局事業など複合型医薬品企業として躍進を続けている。その舞台裏では、商品マスターをはじめ、販売、受発注、在庫管理などの基幹業務に関わるデータベースが支え...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

レポート
小売・流通専門家に聞く:オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
 海外の小売業では数年前からオムニチャネルを推進する動きが活発となり、あらゆる購買チャネルをシームレスにする「シームレスリテーリング」という言葉も登場した。そして、遅れて日本でも企業での取り組みが本格化し始めている。もちろん、これまでも小売業のECサービ...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

製品資料
店舗誘導やイベント集客にすぐ効く、顧客の行動を促す販促キャンペーンとは?
 店舗誘導や会員獲得、顧客満足度の向上、イベント集客などを目的として行われる販促キャンペーン。より多くの顧客との接触を目指してインセンティブを付ける場合、少人数に高額の景品を出すよりも、多人数に少額の景品を出した方が高い効果を得られる。 しかし、実際は...(2016/8/22 提供:株式会社ギフティ)

製品資料
マイクロサービス化でアプリ開発を加速――Web APIの課題はどう解消する?
 近年のアプリケーション開発では、モバイルデバイス向けも当然視されるなど、開発負担が膨らむ一方で、スピード開発への要望が増している。しかし、これまでは、アプリケーションの構造が密結合であったことから、依存関係にある他のプログラムへの影響を調べることなど...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

事例
日本に特化した機能とサポート──中小規模メーカーでもSAP ERPが使えた理由
 今、日本の中小規模メーカーで海外進出に取り組む事例が増えている。事業拠点をグローバル規模で展開するためには、全社を統合するシステム戦略が不可欠だ。海外進出を始めたある半導体向けケミカルメーカーの事例では、全社業務を統合する新しいシステム構築において...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
中堅・中小企業の3大課題、リソース・お金・戦略の不足を解消する最短ルートは
 企業はその成長過程において、さまざまな課題に直面する。中でも、中堅・中小企業を悩ませるのが、「リソース(人手と時間)不足」「お金不足」「戦略不足」の3つの不足である。これらは、段階的もしくは同時多発的に現れ、企業の成長を阻害する要因となる。 それでは...(2017/7/12 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
シンプル、柔軟性、拡張性の側面から成長企業の基盤確立を支援するクラウドERP
 ERPソリューションは、企業の成長促進とシンプル化に役立つとされ、さまざまな企業での導入が進んでいる。また、ERPは大企業向けというイメージが以前は強かったが、現在では、100%クラウドベースのERPも提供されている。ERPは、いまや大企業のみが使うものではなく...(2017/7/12 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月10日号:システム導入を阻む反対派への対処法
 Computer Weekly日本語版 5月10日号は、以下の記事で構成されています。■Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」■破産した英HMVが断行したITコスト削減■クラウド移行を加速するオーストラリアのME銀行■ブルームバーグのデータサイエ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
小売業者のHadoop活用術、より少ない投資で効率的なビッグデータ分析をする方法
 Apache Hadoopは大規模なデータを並列分散処理するオープンなフレームワークで、一般的なビッグデータ分析では多くのユーザーが活用している。近年、このフレームワークにYARN(Yet Another Resource Negotiator)などの機能が加わり、複数の並列分散処理を同時に行える...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
食品飲料業界の課題に特化、固有の業界ニーズに対応するERPは何が違うのか
 食品飲料業界では、消費者の嗜好に合わせた商品開発のイノベーションスピードや、食の安全を守る法令へのコンプライアンス対応の両立が求められている。こうした業界固有のニーズを満たすには、汎用的なソフトウェアでは困難だ。 業界の特異性を理解したソリューション...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/2/8 提供:富士通株式会社)

事例
会計/販売管理/在庫管理システムの個別運用を統合しクラウド化するには?
 「JINS(ジンズ)」のブランド名で知られるアイウエア事業を中心に、高機能・高品質を追求しながら、既成概念にとらわれない事業戦略でビジネスを追求するジェイアイエヌ。同社では、会計/販売管理/在庫管理システムの個別運用がビジネスのボトルネックとなり、業務効...(2014/7/14 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
工業用バーコードリーダ読み取り入門ガイド〜基礎知識からリーダの選び方まで〜
「工業用バーコードリーダ読み取り入門」は、一次元バーコードや二次元マトリックスコードの種類や特徴から、コードのマーキング方法、バーコードリーダの種類とそのメリット・デメリットや選び方、用語集、ユーザー事例まで幅広い内容で構成。また、バーコードリーダ選定...(2017/2/28 提供:コグネックス株式会社)

事例
15の事例で見るWebサイト構築:高速化/低コスト化/高品質化を実現したCMSは?
 さまざまな企業や組織のWebサイト構築に利用されるCMS(コンテンツマネジメントシステム)。近年は、Webサイトの多言語・マルチデバイス対応へのニーズも高まり、更新作業にもより多くのメンバーが参加するようになったことから、その機能や操作性が再検討され始めてい...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

製品資料
成長企業が選びたいクラウドERP、短期間・低コストで実現する経営の可視化
 生産から販売・会計などを統合管理できるERPシステム。コスト低減や経営判断の迅速化・高度化を図るために中堅・中小企業などでも導入が進んでいるが、自社のニーズに合わせたカスタマイズが必要な製品も多い。 システム部門を持たない成長企業などでは、このことがERP...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

事例
日本パレットレンタルが業務用モバイルアプリを開発、その効率化の鍵とは?
 物流パレットのレンタル事業を展開する日本パレットレンタルでは、パレットの所在・在庫管理のさらなる効率化が課題であった。2013年9月には、物流機器管理ソリューション「Llink(エルリンク)」を立ち上げ、RFIDを活用したRTI(Returnable Transport Items:通い容器...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading