2019年01月10日 05時00分 公開
特集/連載

AIの本当のすごさ、3つのユースケースから学んだこと事例の力で理解を促進

Gartnerのエリック・ブレゼノー氏によると、ユースケースに関して話をするのは物語を語ることに似ており、企業にとってAIがいかに大切なものであるかを証明する上で鍵になり得るという。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | Gartner | データ分析 | 機械学習


 ユースケースは、理屈でなく見て分からせるものだ。機械学習や自然言語処理などの最先端技術においては、AIが実際にどう使用されているかを見ることこそが、AIの生み出し得る価値を実感できる機会となる。

 Gartnerでリサーチディレクターを務めるエリック・ブレゼノー氏は、AIのユースケースは、物語を語るための型のようなものに例る。それは技術の仕組みを説明するのに役立つ。そして、AIについて誇大宣伝ばかり聞かされている人に、AIが本当に価値あるものだと証明する上で役立つというのだ。

 ブレゼノー氏は最近、AIのユースケースに関する専門書を出版した。4部からなるシリーズの最終作だ。同氏は、AIの使用を開始した企業が得られる重要な要素を説明するためにさまざまなAIのユースケースに関して語っている。その中から3つを紹介する。

1. 他業種のAIユースケースからインスピレーションを得る

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。