2019年06月28日 05時00分 公開
特集/連載

できるリーダーは「AI」戦略で差をつける今すぐ着手する必要がある

AIをまだ先のことと考えるビジネスリーダーは、影響力のあるこのトレンドに乗り遅れる可能性が高い。今すぐAIテクノロジーの導入を検討した方がよい。

[Nigel Duffy,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


画像 《クリックで拡大》

 現在、人工知能(AI)はさまざまな形容詞を付けて語られている。だが、テクノロジスト兼企業家としてAIに携わるものとしては、AIを表す最適な言葉は「今」だと考える。

 何よりもまず、AIはまだ先のことではなく、今のことだ。今、ここにある。大半の企業にとっては、AIの現在の可能性を生かす戦略を立案することが今の最優先事項になる。

 AIが何を実現するかはまだ分からない部分もあるが、既に変革の成果を実現している企業もある。全世界の全業界に属するほぼ全ての企業は、グローバルな競争に挑むため、自社の可能性を最大限に高めるようにイノベーションを成し遂げ、AI関連のテクノロジー活用を中心戦略として取り入れなければならない。

 AIは一つのテクノロジーではなく、幅広く奥の深いテクノロジー、ツール、手法一式を包含する。学習し自己改善するAIがもたらす影響は大きく、無視することはできない。

 本稿では、2019年注目のAI関連のトピックとして、コンピュータビジョンや自然言語処理(NLP)、音声認識、機械学習を重視している。これらのテクノロジーは既にあらゆる業界の実際の状況に影響を及ぼしており、エネルギーや水の利用効率向上、医療、トラフィック管理などの分野でイノベーションを促している。

リーダーが注目すべきAIの有益な用途

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。