2017年06月28日 09時00分 UPDATE
特集/連載

製品選定のための「データ管理/保護」コラム【第1回】「フルバックアップが終わらない」を解決する2つの方法 (1/2)

バックアップ容量が増え続ける中、手動運用でカバーするには無理がある。そこで検討したいのがフルバックアップを不要にする2つのバックアップ方法だ。データ種類別のバックアップ方法のベストプラクティスも紹介。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

 TechTargetジャパンが2017年3月に実施した「企業のバックアップ/リカバリー環境に関するアンケート調査」によれば、「バックアップ/リカバリーの重要項目」と「バックアップ/リカバリーの不満項目」を尋ねた回答の上位に「バックアップ時間」が挙がった。この背景には、企業システムのバックアップ容量の増大や、夜間にフルバックアップが終わらないといった現場の課題が考えられる。なぜバックアップに時間がかかってしまうのか、また、どのような対策があるのか。今回は、バックアップ時間を考慮したバックアップ設計の見直しについて解説する。

「バックアップ/リカバリーの重要項目」と「バックアップ/リカバリーの不満項目」(出典:TechTargetジャパン、2017年3月「企業のバックアップ/リカバリー環境に関するアンケート調査」)《クリックで拡大》

なぜバックアップに時間を要するのか?

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...