2011年11月14日 09時00分 UPDATE
特集/連載

タブレット活用時のOfficeライセンス管理術【後編】タブレットからMicrosoft Officeを安価に利用する方法とは?

タブレット端末から社内のMicrosoft Officeを利用するのに必要なライセンス料金は決して安くない。後編では、タブレット端末からOfficeを安価に利用するための手段を解説する。

[Paul DeGroot,TechTarget]

 前編「タブレットからのMicrosoft Office利用に必要なライセンス料金は?」では、タブレット端末から社内のMicrosoft Officeを利用する際に発生するライセンス料金について解説した。場合によってはタブレット端末1台当たり1000ドル以上になるというOfficeの利用コストをいかに抑えるか。後半ではコスト削減の具体的な手段を説明する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。