2011年03月29日 09時00分 UPDATE
特集/連載

最大の目玉はOfficeのサブスクリプションOffice 365の登場で変わるMicrosoftのライセンス制度

Office 365のリリースに合わせ、Microsoftのライセンス制度が大きく変わろうとしている。柔軟性が増した新体系は、何が変わったのか。そしてユーザー企業にどのようなメリットがあるのだろうか?

[Paul DeGroot,TechTarget]

 米Microsoftは、洗練されたオンラインプロダクティビティアプリケーションの時代に沿うよう、主要なボリュームライセンスプログラムを大幅に変更している。2011年中に予定されているOffice 365のリリースに合わせ、ライセンス数を削減できる「補正発注」、ユーザーグループごとに異なる機能を提供するオプション、ユーザー単位でのOfficeのライセンスなどが導入される予定だ。少なくとも、「Enterprise Agreement(EA:エンタープライズアグリーメント)」を保有し、オンプレミスサーバからMicrosoftが運営するホストサーバへの移行をいとわない企業にとっては、従来と比べてはるかに柔軟なライセンス体系になるだろう。

ライセンス数を削減できる「補正発注」

 従来のEAでは組織内の全PCを対象に、Windowsアップグレード、Officeの最新バージョン、クライアントアクセスライセンス(CAL)スイートの最大3種類のライセンスが提供されている。CALは、Windows、Exchange、SharePointなど、よく使用されるサーバ製品へのアクセスに必要なライセンスだ。EAでは、特定の製品を対象にPCの台数を基準とした年額料金を3年間にわたって支払う。EA購入のメリットは、大幅な割引と契約期間内の無料アップグレード権、そしてライセンス管理が容易になることだ。コンピュータごとにソフトウェアを調べて資産管理をするよりも、デバイスまたはユーザーを数える方が簡単だ。

関連ホワイトペーパー

Office | Microsoft(マイクロソフト)


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...