2022年11月08日 14時00分 公開
インフォメーション

無線LANはWi-Fi 7移行で“不要論”払拭か?Computer Weekly日本語版+セレクション

利用が広がる「Wi-Fi 6」の次の規格、「Wi-Fi 7」の標準化が具体的になってきた無線LAN。これからはデータ伝送がより高速化することだけではなく、別の変化が起きるという。その具体的な内容とは。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 無線LANの標準規格「IEEE 802.11」が登場したのは1997年のことだ。それから規格が新しくなるたびにデータ伝送速度が高速化するなどの進化があった。「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)が普及しつつある2020年代においては、“安定した通信”や“高速通信”のために無線LANを選ぶことは一般的になった。

 「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)の標準化の計画が進むなど、無線LANにはまた新たな進化がもたらされる見通しだが、今後は過去とは異なる変化が起きるという。無線LANが変わらざるを得ない背景には、何があるのか。

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

関連記事:「Wi-Fi」が新時代に突入?