2020年11月18日 10時00分 公開
インフォメーション

ランサムウェアの身代金支払いを支援すると罰金Computer Weekly日本語版

ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!

[ITmedia]

犯罪者の資金源を遮断

 米国政府が、ランサムウェアに関する新たなガイダンスと勧告を発表した。

 この勧告には、金融機関、サイバーセキュリティ保険会社、デジタルフォレンジックやインシデント対応に関係する企業に対して、攻撃者への金銭支払い支援は規制に違反するリスクがあるという厳しい警告が含まれている。

 この勧告は、ランサムウェアへの支払い促進はサイバー犯罪者が「利益を得て、違法な目的を前進させる」ことを可能にし、米国の国家安全保障と外交政策の目的に「反する」活動に資金を提供し、他の標的への攻撃を助長すると指摘している。

 つまり被害を受けた企業に身代金を融資したり送金を仲介したりした企業は米国政府による罰金を科される可能性がある。ランサムウェアによって被害を受けても他社の支援は得られないため、身代金を支払う以外の手段で解決するしかない。ではどうすればいいのか。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。