2021年09月17日 10時00分 公開
インフォメーション

コンテナ&マイクロサービスが最適解ではないこれだけの理由Computer Weekly日本語版

ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!

[ITmedia]

セキュリティの複雑性を増大させる

 マイクロサービスの普及はクラウドネイティブやアジャイル開発などのトレンドと連動しており、特にコンテナといったデプロイ手段と密接に関係している。

 O'Reillyが2020年に実施した調査によると、調査対象1500社の中でマイクロサービスを全く利用していない企業は約4分の1にすぎなかったという。だが利用している企業(約75%)で5年以上利用していたのは約10%にすぎない。つまり、大半の企業は5年以内にマイクロサービスを採用したことになる。

 レガシーシステムをコンテナでマイクロサービス化することがトレンドの一つになっているが、それが常に最良の方法というわけではない。企業はコンテナとどう向き合うべきなのか?

 コンテナやマイクロサービスのデメリットも含めて理解することが重要だ。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。