ランサムウェア被害者に第三の選択肢を提供
身代金を支払うその前に、対ランサムウェア復号ツール
「No More Ransom」イニシアチブは、ランサムウェアによって暗号化されたデータを復号するツールを無償で提供している。さらに、McAfeeは復号ツールの開発を支援するフレームワークを公開した。(2017/12/27)

Ransomware as a Serviceに対抗
ランサムウェアに感染したらまず見るべき復号ツール配布サイト
各国の警察機構とセキュリティベンダーが共同運営するNo More Ransom。ここでダウンロードできるツールを利用すれば、ランサムウェアに暗号化されたファイルを復号できる可能性がある。(2019/1/8)

セキュリティにブレークスルー来る
Microsoftが発見「暗号化データを復号せずに操作する方法」
Microsoftの研究者が、暗号化されたデータを復号せずに操作する方法を発見したという。一体、どのようなメリットがあるのだろうか。(2016/10/18)

量子鍵配送(QKD)実現の最前線(前編)
第三者による通信傍受を察知する、量子力学の秘密
量子力学を応用してデータを暗号化・復号し、暗号鍵をセキュアに配送する量子鍵配送(QKD)。従来の暗号鍵配送プロトコルとの決定的な違いは、第三者による傍受を察知できるところにある。(2018/12/25)

ソフトウェアとハードウェアの暗号化の違い
「BitLocker」で影響が拡大 SSD暗号化の脆弱性とは
研究者が大手メーカー製SSDの暗号化の実装における脆弱(ぜいじゃく)性を発見した。この脆弱性を突いて簡単に暗号化データを復号できる。さらにMicrosoftの「BitLocker」機能がこの問題に拍車を掛けた。(2018/12/4)

重い処理は専用機器に任せる、という選択肢
「SSL暗号化」で隠れたサイバー攻撃をあぶり出す“賢い方法”
重要な情報を盗聴から守ってくれるはずのSSL暗号化通信が、サイバー攻撃に悪用され始めている。暗号化通信を復号すればよいと考えがちだが、実はそう単純な話ではない。(2016/11/2)

暗号化の安全性確保と処理速度向上を実現
【導入効果】暗号鍵の利用制限で情報漏えいを防ぐ「暗号鍵管理製品」
データにどれほど強固な暗号化を施したとしても、暗号鍵が適切に管理されていなければ容易に復号されてしまう。そこで有用なのが「暗号鍵管理製品」だ。その導入効果を解説する。(2012/6/27)