2012年06月27日 09時00分 公開
特集/連載

【導入効果】暗号鍵の利用制限で情報漏えいを防ぐ「暗号鍵管理製品」暗号化の安全性確保と処理速度向上を実現

データにどれほど強固な暗号化を施したとしても、暗号鍵が適切に管理されていなければ容易に復号されてしまう。そこで有用なのが「暗号鍵管理製品」だ。その導入効果を解説する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 情報漏えい防止策として有効な暗号化。ただし、いくら強度の高い暗号化を施しても、暗号鍵を誰でも利用できる状況のまま放置していては意味がない。暗号化や復号に利用する暗号鍵の管理は極めて重要だ。

 本稿は、暗号鍵の効率的な管理を可能にする「暗号鍵管理製品」の導入効果や導入の現状、今後の方向性などをまとめた。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...