読者の「知りたい」にベンダーが答える!デジタル変革に向けた企業のネットワーク投資最新事情

「クラウドファースト」「モバイルファースト」は今や単なるスローガンではない。一方で、特定企業に狙いを定めた標的型攻撃なども深刻な課題となっている。ビジネス部門の要求に応えるべく膨大なデータが行き交うネットワークを安定的かつ安全に運用するため、今IT部門は何を求められているのか。読者調査で探った。

読者調査レポート

ネットワークに関する調査レポート

TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員を対象に、「企業のネットワーク環境に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。

TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員を対象に、ネットワーク環境に関する読者調査を実施した。本リポートでは、読者が抱える課題や現状、投資予定などをまとめている。

ネットワークというボトルネックに挑む

抜本的な防止策はあるのか

2017年8月25日、Googleによるネットワーク誤設定に起因し、OCNを含む複数のAS(自律システム)で大規模な通信障害が発生した。障害当時、何が起こったかを時系列で整理し、一連の騒動を考察する。

(2017年9月29日)
もっと帯域を!

Intel、Oracle、IBM、そしてIMECが研究・開発しているシリコンフォトニクス。これを光リンクに利用することで、広帯域のデータリンクを低コストかつ高品質に提供できるという。

(2017年9月19日)
Wave 2のメリットを生かすには?

IEEE 802.11acをベースとしたWi-Fi規格である802.11ac Wave 2は、高速な無線ネットワークを実現する。しかし、単にWave 2対応機器を導入しただけではWave 2のポテンシャルを引き出すことはできない。

(2017年9月7日)
超高速ネットワークの挫折と復活【第1回】

ITシステムが扱うデータが爆発的に増大している今、超高速ネットワークへの期待は大きい。しかし“10Gbps級”ネットワークの普及は遅れている。これは、その原因と克服への挑戦を記した物語だ。

(2017年7月6日)
多くの業界が抱えるリスク

エンドユーザーの要求が高まる昨今、企業にとって大規模なネットワーク障害のリスクは高まる一方だ。大多数のビジネスがオンラインで展開される中、ネットワーク障害を防止するに何をすべきか。

(2017年4月20日)
2017年のフラッシュストレージの行方【前編】

大手ストレージメーカーのCTOは、「Non-Volatile Memory Express」(NVMe)SSDや「NVMe over Fabrics」(NVMe-oF)テクノロジーに注目している。果たして2017年フラッシュストレージはどうなるのだろうか。

(2017年3月27日)
データ転送ボトルネックの解消が急務

2014年にリリースされているにもかかわらず、ネットワーク対応ストレージのパフォーマンスに不安を覚えるユーザーは多い。「NVMe over Fabrics」のイーサネット版が、この状況を変えるかもしれない。

(2017年3月22日)
「ネズミがケーブルかじって全てダウン」は昔話でない

セキュリティ対策のおかげで身動きが取れない組織は、物理的なセキュリティ対策を見過ごしてしまう。だが、この原始的な故障に対する優先度は依然として高いことを忘れてはならない。

(2016年5月11日)

IoT時代のネットワーク

自社ビジネスに「革命」を起こす準備 できていますか

Rockwell Automationは、モノのインターネット(IoT)導入に成功した1社だ。同社のIoT環境は、構築に数十年を要したという。企業がIoT導入を通して成長を遂げる鍵と、現状のIoTが示すビジネス変革の可能性を探る。

(2017年9月12日)
企業の注目は「IoTがもたらすビジネス価値」

1月に開催された「CES 2017」では、多くの新旧企業がIoTに関する展示をしていた。その展示から見えたトレンドを紹介する。

(2017年2月13日)
Loading