TechTargetジャパン

VMwareの“インフラ管理ツール”を理解する(前編)
複雑化するvSphere環境を高度に管理 vCenter Serverの上位製品登場
2012年1月にリリースされた、vCenter Serverの上位製品「VMware vCenter Operations Management Suite」を紹介する。vCenter ServerがvSphere環境から収集したメトリクスをより視覚的に見せてくれるのが特徴だ。(2012/3/14)

vCenterとESXiの機能強化ポイント
【製品紹介】共有ストレージが不要、VMware vSphere 5.1の進化を追う
VMware vSphere 5.1は、vSphere 5からのマイナーバージョンアップではあるが、多くの機能強化がある。vCenterとESXiを取り上げ、既存の機能を振り返りながら新機能と機能拡張ポイントについてまとめる。(2012/12/10)

1つの窓口で管理することの理想と現実
vCenterでは限界も? 物理リソース管理に消極的なVMware
多種類の管理ツールの存在は、多くのIT管理者にとって苦労の種になっている。VMware vCenterは、物理リソースの管理も行えるよう拡張されるべきなのだろうか。(2012/6/22)

物理/仮想サーバのスペシャリストが語る
新春対談:次世代管理ツールが、あなたの仮想サーバ環境を変える日
「vCenterから仮想ネットワークは見えるが物理結線が分からない」「BIOS設定を確認したくても今は再起動できない」――仮想サーバ環境の運用を開始して、あなたはこんな状況に直面したことはないだろうか。(2014/1/30)

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品【第2回】
VMware vSphere 4の価値を最大化する管理ツール「vSphere Client/vCenter Server」
サーバ仮想化の代表的な製品であるヴイエムウェアの仮想化統合パッケージVMware vSphere 4について、運用管理製品vCenterを中心に紹介する。(2010/5/24)

複数のvCenterも追加可能
「VMware Boomerang」──手軽に使えるvSphere Clientの簡易版
VMware BoomerangはVMware vSphere Clientの簡易版であり、複数のVMware vCenter Serverとともに利用できる非常に便利な管理機能だ。仮想マシンのパワーオン/オフなど、仮想環境の単純な管理タスクを実行できる。(2012/1/18)

仮想化ライセンス方式に関するFAQまとめ(前編)
プロセッサ単位かVM単位か? 仮想化各社のライセンス方式を知る
VMware vSphere 5でVMware vSphereのライセンスモデルが一新したことを機に、Hyper-V、VMwaer vCenter、VMware vSphere、VMware View、XenServerに関するライセンスの仕組みを整理した。(2011/10/17)

ユーザーに不評なvCenter Update Managerの機能変更(前編)
VMwareゲストOSのパッチ管理はMicrosoft製品に軍配
VMwareユーザーの多くは、Windows環境におけるゲストOSのパッチ管理に、「VMware vCenter Update Manager」よりも「Windows Server Update Services」を使う方が効率的だと主張している。(2011/6/2)

ユーザーに不評なvCenter Update Managerの機能変更(後編)
Linux環境におけるVMwareパッチ管理ソフトに集まる不満の声
VMwareをLinuxで利用する大企業にとって、ゲストOSのパフォーマンスを管理する「VMware Tools」、ゲストOSのパッチ管理ソフト「VMware vCenter Update Manager」には難点が多い。(2011/6/8)