2012年06月22日 09時00分 UPDATE
特集/連載

1つの窓口で管理することの理想と現実vCenterでは限界も? 物理リソース管理に消極的なVMware

多種類の管理ツールの存在は、多くのIT管理者にとって苦労の種になっている。VMware vCenterは、物理リソースの管理も行えるよう拡張されるべきなのだろうか。

[Alex Barrett,TechTarget]

 サーバ仮想化の進展に伴い、米VMwareの「VMware vCenter」(以下、vCenter)は多くのITマネジャーの世界の中心になりつつある。この人気の高い管理ツールは、物理リソースの管理も行えるよう拡張されるべきなのだろうか。

 vCenterは既に、多くの点で仮想リソースと物理リソースの両方を管理できる。同製品は、システムの可用性とパフォーマンスに関する情報を提供するだけでなく、資産、セキュリティ、コンプライアンス、バックアップなどの情報を提供する重要なソースでもある。このため、インフラ管理ツールプロバイダーの中には、vCenterを顧客企業の環境の最大公約数と考え、自社製品とvCenterを連係した企業もある。

 平均的な大企業では約60%のアプリケーションが仮想化され、それ以外のアプリケーションは物理ハードウェア上で動作している。企業が今後全てのアプリケーションを仮想化する可能性は低いが、「ITマネジャーは管理アプリケーションをさらに合理化したいと考えている」と指摘するのは、米Egeneraのマーケティング担当副社長のジョン・ハンフリーズ氏だ。同社はインフラプロビジョニング用ソフトウェア「PAN Manager」を開発した企業だ。

 極めて多種類の管理ツールが存在することが、多くのデータセンター管理者にとって苦労の種になっているのが現状だ。仮想化分析企業の米Virtualization Practiceのアナリスト、バーンド・ハーゾッグ氏は「データセンター管理者らによると『標準的な企業では150種類の管理ツールを使用しているが、そのうち149種類は使いたくないと考えている』ということだ」と話す。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...