2011年06月08日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザーに不評なvCenter Update Managerの機能変更(後編)Linux環境におけるVMwareパッチ管理ソフトに集まる不満の声

VMwareをLinuxで利用する大企業にとって、ゲストOSのパフォーマンスを管理する「VMware Tools」、ゲストOSのパッチ管理ソフト「VMware vCenter Update Manager」には難点が多い。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 前編「VMwareゲストOSのパッチ管理はMicrosoft製品に軍配」では、Windows環境でVMwareのゲストOSのパッチレベルを管理するのに、「VMware vCenter Update Manager」よりも「Windows Server Update Services」を支持するユーザーの声を紹介した。後編では、Linux環境でVMwareを利用するユーザーが、ゲストOSのパフォーマンスやパッチ管理でVMware製品にどのような不満を抱いているかをお伝えする。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | パッチ | VMware | Linux | 仮想化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

国内動画リワード広告市場が急成長、前年比2.4倍に──fluct調査
fluctは、国内動画リワード広告市場に関する調査を実施。2022年までの市場規模予測を公開...

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...