2011年06月08日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザーに不評なvCenter Update Managerの機能変更(後編)Linux環境におけるVMwareパッチ管理ソフトに集まる不満の声

VMwareをLinuxで利用する大企業にとって、ゲストOSのパフォーマンスを管理する「VMware Tools」、ゲストOSのパッチ管理ソフト「VMware vCenter Update Manager」には難点が多い。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 前編「VMwareゲストOSのパッチ管理はMicrosoft製品に軍配」では、Windows環境でVMwareのゲストOSのパッチレベルを管理するのに、「VMware vCenter Update Manager」よりも「Windows Server Update Services」を支持するユーザーの声を紹介した。後編では、Linux環境でVMwareを利用するユーザーが、ゲストOSのパフォーマンスやパッチ管理でVMware製品にどのような不満を抱いているかをお伝えする。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | パッチ | VMware | Linux | 仮想化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...