流通×データ分析

ビッグデータの活用によって、ビジネスや市場、社会が大きく変わるといわれている。流通・小売業界も例外ではなく、ネットとリアルを行き来する消費者の心をつかむため、実店舗とECサイトでの情報連携など、ビッグデータをビジネスに利用する動きが顕著である。本テーマサイトでは、流通・小売業におけるデータ分析の実際について紹介する。

TopStory

どのようにして不安を解消していったのか

スターバックスでは、オンラインサービスのシステム基盤をオンプレミスからAWSへ移行することで、急激なアクセス増にも耐え得る仕組みを構築した。しかし、AWSの導入に際しては、大きな不安があったという。

(2015年6月19日)

最新記事

基幹システムをクラウド環境で再構築

2015年3月に基幹システムを全面刷新したオンワード樫山では、アパレル業界向けERPの「SAP AFS」をクラウドサービスのAWS上で稼働している。導入の背景、比較検討のポイント、本番稼働から得られたノウハウを紹介する。

(2015年6月17日)
Searsの元CISOが語る

小売大手の米Searsでは、ビッグデータを活用するセキュリティシステムを導入した。小売業を狙った詐欺行為を食い止めるための仕組み、システム導入に必要な経営陣の承認を得る説得方法を紹介する。

(2015年3月30日)
企業に及ぼす影響は?

「PCI DSS v3.0」の新しい準拠要件は、企業の日常的なビジネスプロセスの一環としてカード会員データが保護されるようになることを目指している。本稿では、PCI DSS v3.0についてよく寄せられる質問と回答を紹介する。

(2015年3月23日)
低価格路線のガストが1000円以上のメニューを提供した理由

すかいらーくは、全国展開する「ガスト」でモバイルアプリとクラウドを用いたマーケティングとデータ活用の仕組みを構築した。その導入背景や製品・サービスの選定理由、導入効果について解説する。

(2015年3月12日)

ソリューション ショーケース -PR-

ロジスティクスを取り巻く5つの課題を解決

企業のサプライチェーンが転機を迎えている。グローバル化や消費者ニーズの多様化など、事業環境は複雑さを増している。そうした山積する課題を解決し、物流を武器にするためのIT基盤とはどのようなものだろうか。

レポート

戦略的ロジスティクスを確立し、経営視点に立ったサプライチェーン全体の最適化には、IT活用が欠かせない。ITによりロジスティクスを変革してきた企業の事例から成功の鍵を探る。

リレーショナル・データベースよりも高速にSQLを実行する、高パフォーマンスなオブジェクトデータベース
オペレーショナル・データベース管理システムのリーダー企業
製品資料

ビッグデータ活用を検討する企業が増えているが、課題も多い。クラウド型のデータマネジメントサービスが、その課題解決に一役買ってくれる。本項は、製品資料に加え、社内向けのプロジェクト計画書を付録として追加しており、プロジェクト成功の秘訣を紹介する。

たった数日でデータ収集・保存・分析のための環境を導入できる
データ分析入門記事からTreasure Data活用のTipsまで

注目ホワイトペーパー

SCSK株式会社

コモディティー化により商品・サービスの品質・価格での差別化が困難であり、SNSや口コミの普及により消費者の声が市場に与える影響力が増しており従来とは違う競合差別化戦略が求められている。

日本アイ・ビー・エム株式会社

毎月、売上げ目標の達成・未達成で一喜一憂しながら、その原因を分析し対応策を立てる際にベテランのマネジャーや販売員の長年の経験に基づくノウハウや勘に頼っていないだろうか。パフォーマンス管理の重要性を説く。

日本アイ・ビー・エム株式会社

効果測定や予算策定には、それぞれに適したKPI(重要業績指標)を設ける必要があるということは多くの人は知っている。しかし、具体的に、今の自社にはどのようなKPIの設定が必要かを熟知しているだろうか?

日本アイ・ビー・エム株式会社

今日の消費者はありとあらゆるチャネルを通じて商品やサービスに関する情報を収集し、いわば「情報武装」した形で商品の選定と購買に臨むのである。賢い消費者と向かい合うためのマーケティングインフラとは。

日本アイ・ビー・エム株式会社

「IBM Platform Symphony」は、低遅延、高信頼性、リソース共有のために最適化されたApache Hadoop準拠のMapReduceが実装されており、ビッグデータを高速処理できる。ベンチマーク結果を示しながら、Platform Symphonyの導入メリットを説明する。

Loading