Loading
2014年10月31日 10時00分 UPDATE
PR

ロジスティクスを取り巻く5つの課題を解決“勝ち組”と“負け組”を分ける「物流で勝つためのIT」とは

企業のサプライチェーンが転機を迎えている。グローバル化や消費者ニーズの多様化など、事業環境は複雑さを増している。そうした山積する課題を解決し、物流を武器にするためのIT基盤とはどのようなものだろうか。

[ITmedia]

 企業のサプライチェーンが今、大きな転機を迎えている。ビジネスのグローバル化は急速に進んでおり、国際物流の導入、消費者ニーズの多様化に合わせた多品種少量生産、商品の安全性確保のためのトレーサビリティの仕組み、さらには環境問題への対応など、事業環境は複雑化している。しかも、これら山積する課題を解決しながら、年々厳しさを増す市場競争の中を生き残っていかなくてはならない。つまり、サプライチェーンやロジスティクスの仕組みを高度化すると同時に、その効率も極限まで高めていかなくてはならないのだ。

 市場を見渡してみると、米Amazon.comをはじめとして、サプライチェーン革命にいち早く成功したECサービス企業が急速な成長を見せる一方、対応に遅れた企業で業績が伸び悩むケースが多い。特に販売業や物流業にとっては、サプライチェーンこそが自社の価値の源泉となるため、多くの企業が早くからITを導入して他社より少しでも秀でたサプライチェーンの構築を目指してきたが、ここにきて勝敗がはっきり分かれてきている。

 では、サプライチェーンやロジスティクスにおける“勝ち組”と“負け組”は、一体どこで分かれるのだろうか? そして、これからの「物流で勝つためのIT」とは、どのようなものになるのだろうか? 本稿では、これをいち早く先取りした製品・ソリューションと、それを使って実際に成功を収めている企業事例を紹介する。

提供:インターシステムズジャパン株式会社

提供:インターシステムズジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部