2021年11月27日 10時15分 公開
インフォメーション

AIで儲けてる企業と損してる企業、一体何がダメなのかComputer Weeklyリバイバル

過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。

[ITmedia]

一体何がダメなのか

 マサチューセッツ工科大学が出版する「MIT Sloan Management Review」と経営コンサルティング会社Boston Consulting Groupが実施した共同調査によると、AIを何らかの形で扱う組織は増えているものの、AIを本格的に導入して大きな利益を得ている組織は極めて少ないという。この調査結果のレポート「Expanding AI's Impact With Organizational Learning」は、AIで財務上大きな価値を生み出している企業は10社に1社しかないと指摘している。

 基礎を正しく理解した上で事業に必要なAIを構築すれば成功を示す数値は上がるが、それでも39%にとどまる。財務上の価値を生み出すには秘訣(ひけつ)があると考えられる。

 AIで成功している企業と失敗している企業では、一体何が違うのだろうか。

続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。