TechTargetジャパン

技術文書
MySQLとOracle ClusterwareのHA構成、従来環境との違いや構築手順を徹底検証
 MySQLは、世界中で多くのユーザーを持つデータベース管理システム(DBMS)だ。国内では、基幹システムなどでも広く利用されているが、従来は高い可用性が求められるシステムでの利用には、クラスタソフトなどを組み合わせる必要があった。 そのため、障害発生時にはMyS...(2016/8/3 提供:SCSK株式会社)

事例
パナソニック 業務プロセスの効率化で実現する「製造現場の見える化」
日本を代表する製造業であるパナソニックの家庭電化・冷熱空調事業領域を担当するアプライアンス社では、「製造現場の見える化」推進の基盤としてQlikViewを核に、情報の活用を行っている。グローバル展開する企業は、競争がますます厳しい時代に突入し、刻一刻と変わる状...(2017/3/31 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
AWSのロードバランサーELBとBYOLの仮想ADCを比較、柔軟で堅牢なWebシステムを構築するには?
 企業のシステムインフラの構築において、今やAWSは当然の選択肢となっている。しかし、AWS上にシステムを構築して負荷分散を行う場合、AWS提供のELBだけでは機能要件の制約に悩むことも多い。 本ホワイトペーパーは、そういった機能要件の制約を解決するソフトウェアベ...(2015/11/16 提供:SCSK株式会社)

技術文書
ソフトウェアの品質と安全性向上のための「形式手法」入門編
 ソフトウェアの品質を確保するため、誰もがレビューとテストを行う。しかし、一般的に行われているレビューやテストにおいて、システムが正しく動作することをどの程度保証できているのだろうか。 優秀なエンジニアによる小規模ソフトウェア開発であれば、設計・テスト...(2015/6/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
中堅・中小企業のBI成熟度、担当者別のインテリジェンス課題総まとめ
 「定型リポートのデータだけでは不十分なため、ユーザー自身でデータ加工している」「最新データへの更新や共有に手間が掛かる」「仮説に基づくデータ分析が高速かつ自由にできない」……。ビジネスインテリジェンス(BI)に関する課題は、その企業におけるBIの成熟度や...(2013/7/8 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

製品資料
価格.comの「24時間365日、本当に止まらないデータベース」はこうして誕生した
 インターネットを利用するユーザーにとって、最安値やグルメなどの情報サービスは、24時間利用できることが前提だ。だが、運営企業にとっては、システムの可用性はそのままビジネスの可用性になる。原因が予期せぬ停止でも計画停止でも大きな利益の逸失につながりかねな...(2014/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
新年度の一斉人事異動を機に考える、Active Directoryでのアカウント管理手法
 Active Directoryでのアカウント管理では、人事異動への一括変更や日常的なアクセス権限の変更、膨大な管理作業が発生する。また、システムへの影響範囲も大きいことから容易に引き継ぎができず、システム管理者の負担に依存した管理となっている企業は少なくない。 シ...(2013/3/28 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

事例
1,000社突破の国産クラウド。フジテレビジョン、スクウェア・エニックス、ぐるなび、SCSKなど、 23社の実用事例を一挙紹介!
 1,000社以上の導入社数で利用分野も様々。大手企業が続々と利用を進める「ニフティクラウド」の事例集。本資料では、下記分野にてニフティクラウドを利用している事例を社名掲載で紹介している。  【1】豊富な導入実績より、業種多様な国内エンド企業13社の実績を...(2011/11/30 提供:ニフティ株式会社)

講演資料
5分以内に気付くメールの「うっかり送信」をなくせる3つの方法とは?
 誰もが経験のある「うっかりミス」によるメールの誤送信が、場合によっては経営に影響を及ぼすほどの大事故につながってしまう可能性がある。重要ファイルを添付したメールを違う宛先に送信してしまったり、ダイレクトメールを「Bcc」ではなく「To」で送信してしまった...(2009/3/18 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

レポート
メールセキュリティに関する読者調査リポート(2012年5月)
 TechTargetジャパンは2012年5月21日から6月3日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象にメールセキュリティに関するアンケート調査を実施した。ユーザー企業のメールセキュリティ対策の状況や対策に当たっての課題などを聞いた。本リポートでは、調査結果をまとめて紹...(2012/6/15 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
クラウド時代にNotesユーザーが進むべき方向とは?
 クラウドコンピューティングは、企業ITの在り方を大きく変える可能性を秘めているが、それを活用して企業価値を高めるには、社員同士のコラボレーション環境も変わっていかなければならないだろう。 社員のワークスタイルの多様化に伴い、ユーザーが活用する情報やデー...(2010/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
13社導入事例 - 10年後に後悔しないIT基盤構築のヒント。成し遂げた革新と変化を聞いた
『(2002年の全社的なシステムリプレースから)現在もOracle WebLogic ServerとOracle Tuxedoを使い続けているのは、導入以来一貫して高い安定性を維持できているからです』 ― 松井証券の導入事例より引用 企業には、これまでの企業文化や事業を支えてきた既存システム...(2011/8/23 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
読めば分かる! メール誤送信対策製品の選び方
本資料は、TechTargetジャパンで過去に掲載したメール誤送信対策に関連する記事を1つに集約したものである。製品導入前にできる対策や各社から提供されている製品の特徴を紹介している。 電子メールの誤送信は、誰にでも起こる可能性がある一方で、万が一の場合には企業...(2011/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

事例
法改正にも対応、効率的な構成・変更管理を実現するツール
 証券会社のサービス業務に特化したシステムインテグレーターであるCSK証券サービスでは、バージョン管理にオープンソースツールを利用し、顧客別のカスタマイズや変更に対応するために顧客ごとに個別にサーバを立てていた。しかし、証券業界では規制緩和や制度改正が頻...(2008/10/20 提供:ボーランド株式会社)

e-book
読めば分かる! メール誤送信対策製品の選び方
 本資料は、TechTargetジャパンで過去に掲載したメール誤送信対策に関連する記事を1つに集約したものである。製品導入前にできる対策や各社から提供されている製品の特徴を紹介している。 電子メールの誤送信は、誰にでも起こる可能性がある一方で、万が一の場合には企...(2011/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
迷惑メール対策:ベンチマークテストで犯しやすい3つの間違い
 多様化する迷惑メールに対抗するために、「何を知るべきか」「脅威は何なのか」「対策として何をするべきか」について紹介する。 メール環境にセキュリティ対策を施すのは、「必要なメールを必要な人に届ける」ためだ。セキュリティ対策にはさまざまなものがあるが、ウ...(2007/12/19 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

事例
開始11カ月で600社の導入実績。「ニフティクラウド」の活用事例集を解禁!
 「ニフティクラウド」は、月間2,000万人が訪問する「@nifty」のインフラとして実績を積み上げてきたIaaS型パブリッククラウド。国内にある富士通の高信頼データセンターで、その実績と運用ノウハウをいかした信頼のサービスを提供している。 アクセスの波に合わせてス...(2011/3/1 提供:ニフティ株式会社)

講演資料
「うっかりミス」によるメールの誤送信は予防できる
 実は、メールによる情報漏えい対策の多くは上司や情報システム部門、監査部門などが介在することで未然に防いでいるケースが多い。例えば、社員の誰かがあて先を間違えてメールを送ってしまった場合、システム部門はメールサーバからメールを削除したり、上司は相手先に...(2008/2/28 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

講演資料
誤送信対策「PlayBackMail」の導入効果
『PlayBackMail(プレイバックメール)』は、宛先間違いやファイルの添付間違い、ダイレクトメールの送信時に大量の宛先を指定することで起こる情報漏えいなどを、“3つの機能”で強力に防止する電子メール誤送信防止ソリューションです。『PlayBackMail』を導入すること...(2010/5/12 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

製品資料
「メールをうっかり送信」のミスはやり直せる!
 メールによる誤送信事故対策として社員教育を実施。利用環境ではさまざまな技術を使ってセキュリティ対策を行い、使い方も上長承認などに代表される規制を実施している。しかし、それでも誤送信などの事故が発生する。なぜだろう? 事故の多くの原因は「うっかりミス」...(2008/11/13 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

製品資料
エージェントレスの監視製品でシステム監視・運用コストを50%以上削減できる
 今日、各企業では情報システムの安定稼働を支える監視業務の重要性が浸透し、顧客の監視業務を請負う事業者は、顧客の監視ニーズの高度化と多様化に応えるため低料金でサービスを提供していくための施策を追求している。 本ホワイトペーパーでは、自社利用・商用利用の...(2009/4/15 提供:株式会社コムスクエア)

技術文書
既存メールサーバをHAクラスタ化する方法
 近年ではビジネスにおけるメールの重要性が非常に高まっている。メールシステムが停止した場合、そのダウンタイムがビジネスに与える影響は少なくない。一方で、基本ソフトウェアに必要なセキュリティアップデートなどのため、サーバは計画的に停止する必要がある。今や...(2008/2/5 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

講演資料
実践的なログ活用で実現するコンプライアンス対応
 内部統制の継続運用と範囲の拡大、各法規制・基準などから情報セキュリティ対策が求められている。取り組むべき情報セキュリティ対策をとりまくさまざまな要求がある中、業務を可視化し、ミスや不正を予防・発見するログが注目されている。 本ホワイトペーパーでは、情...(2009/3/16 提供:株式会社JIEC)

講演資料
SaaSに適した業務分野の視点で考える〜内部統制におけるSaaS利用の有効性〜
 本ホワイトペーパーでは、「SaaSは企業力向上の決め手となるか」をテーマに、SaaS利用と自社運用(パッケージ)との違いやSaaS利用と自社運用におけるそれぞれの特性やメリットを明らかにした上で、SaaSに適した業務分野・既存システムとの共存など、企業の情報システム...(2008/7/15 提供:株式会社JIEC)

技術文書
誤送信したメールを「送信されなかった」ことにする技法
 個人情報保護法の全面施行から2年が経過し、情報漏えいリスクへの意識は非常に高くなったように思われる。にもかかわらず、依然として漏えい事故は後を絶たない。特に、電子メールの誤送信によるアドレス情報の流出事故は2008年以降も連日のように発生している。電子メ...(2008/2/27 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

技術文書
脅威と対策! 誤検知率0.0001%が実現するチューニングレスのスパムメール対策
脅威を知ること。効果ある対策を行うこと。目的は必要なメールを必要な人に届けるためであるが簡単ではない。導入後は対策に苦労することが多いのは何故か?多様化する脅威のためか?対策が遅れているためか?スパムの脅威は多様化し対策が複雑化する流れは変わらない。ボ...(2007/5/16 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

講演資料
内部統制の目的に沿ったログ管理・活用とは何か?
 ログの管理・活用は、内部統制におけるIT活用に欠かせない。しかし、多くの企業ではログの管理・活用の重要性や必要性を認識しつつも対応が遅れている。業務の可視化を目的とした文書化に多くの時間と労力を要す一方で、「実際にどのログを、どのようにして、いつまで取...(2008/3/18 提供:株式会社JIEC)

講演資料
“今から始める内部統制対応” 継続運用を見据えたログ活用の現実解
 日本版SOX法も施行まで数ヶ月を残すのみとなり、これから対策をはじめるには既に難しい時期にきている。 時間的猶予がない今、重要なのは『まず始めること』。内部統制が企業に求めるのは絶対的保証ではなく、あくまでも合理的な範囲での保証であり、出来ることから始...(2007/10/11 提供:株式会社JIEC)

事例
CMSのデファクト・スタンダード 「NOREN」 導入事例(中部国際空港様)
NORENは、ソフトウェア専門商社のアシストが世界中のコンテンツマネジメントシステム製品の中から選択した製品。2002年の販売開始からわずか5年で国内300社以上の企業へ採用され、CMS分野において最高の実績を誇る。NORENの特徴は、“卓越した使いやすさ”と“考え抜かれ...(2006/3/10 提供:株式会社アシスト)

Loading