「タレントマネジメント」が変える日本企業とビジネスパーソンの働き方

社内の人材を一元管理して戦略的に活用し、経営目標を達成させるための管理システム「タレントマネジメント」がグローバル企業を中心に普及しつつある。海外では既に多くの企業で使われているタレントマネジメントだが、日本ではどのように活用していけばいいだろうか。参考になる記事を集めた。

グローバル企業の人材戦略

企業に必要な人材がまる分かり

多くの企業は、人材に関してさまざまな問題を抱えている。実際にどのような問題があり、どのように解決すればよいのか。タレントマネジメントソフトベンダーのCEO アダム・ミラー氏に話を聞いた。

(2016年10月19日)
本社外しは進むのか

海外で優秀な人材が採用できない――グローバル展開する日本企業の間で人材管理の課題が浮上している。どのような考えで人材管理を進め、システム導入を行うべきか。識者に聞いた。

(2014年4月1日)
徹底解説:グローバル企業が目指すべき人材戦略【前編】

日本企業の海外進出が続く中、課題になっているのが人材戦略だ。進出先での優秀な人材の確保や、国内人材の育成、人事システムの整備など悩みは多い。グローバル企業が考えるべき次世代の人材戦略を説明する。

(2014年6月3日)
徹底解説:グローバル企業が目指すべき人材戦略【後編】

さまざまなハードルを感じながらも先進企業は手探りでグローバル人材戦略を進めている。欧米企業、日本企業はどのような取り組みを始めているのか。参考になる事例を紹介する。

(2014年8月20日)
データ分析と機械学習で従業員の離職リスクを測定

人事・財務アプリをSaaSで提供するワークデイは、新規顧客獲得とパートナー強化を進めている他、データ分析や機械学習を活用した新たな人事機能の提供を開始している。

(2015年5月28日)

事例で見るタレントマネジメント

タレントマネジメントシステムで人材を可視化

事業のグローバル展開には海外人材の活用が鍵――そう考えた三菱ケミカルホールディングスは海外のグループ企業も含めた人材の可視化を実現するデータベースの整備を始めた。実現のために選定した製品とは。

(2012年12月3日)
世界規模プロジェクトの全貌

ロールス・ロイスは、46カ国で4万人以上の従業員を管理する人事システムの入れ替えを行った。2012年に始まったプロジェクトのクライマックスは、46カ国で同日に実施するという驚くべきものだった。

(2016年6月16日)

知っておくべきERPの人事・給与管理機能

人材の有効活用にも利用

ERPパッケージで最も使われる機能の1つである人事・給与管理。利用することで現状の業務を効率化できる。加えて従業員の業務管理に深くかかわる機能のため、人事戦略にも活用されている。

(2011年3月23日)
注目される「脱ERP」の動き

ERPの基本モジュールの1つといわれ、企業での導入が多い人事モジュール。伝統的な給与・勤怠機能に加えて、タレントマネジメントの機能が注目されている。それに伴い複雑化する製品選択のポイントを解説する。

(2012年9月7日)
Loading