TechTargetジャパン

ビッグデータ分析にクラウドを活用するポイント【後編】
データ分析が強みの人気クラウド、その豊富な機能とは
「Microsoft Azure」と「IBM Bluemix」には数多くのデータ分析機能が存在する。こうした機能を活用したデータ分析の手法、各サービスの特徴をまとめた。(2017/11/2)

中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第5回】
Excelへの未練を断ち切り“脱Excel”を成功させるBIツール選びの4カ条
“脱Excel”を目指してBIツールに乗り換えようと、いざ検討を始めたものの、「Excelならではの便利な機能」をついBIツールに求めてしまう――こんな悩みを解決するには、どうすればいいのでしょうか。(2017/3/29)

中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第4回】
中堅・中小企業がデータ分析プロジェクトで失敗してしまう理由、回避策は?
中堅・中小企業にはさまざまなリソースの制約がある一方で、小回りが利き意思決定が速いという強みもあります。この特徴を踏まえ、データ分析プロジェクトを成功させる秘策を探ります。(2017/2/27)

ビジネス向けではオーバースペック?
新MacBook Proがビジネス市場でWindows PCと勝負しない理由
法人市場では依然としてWindows PCがMacよりも優勢だ。対して、一般消費者向けの市場ではMacも広く使われている。Appleの戦略とは? Macがどのような市場で強いのかを含めて紹介する。(2016/11/8)

誇大広告を冷静に見極める目が必要
あらゆるアプリを賢くする人工知能(AI)の限界、それでも熱視線が集まる理由
人工知能(AI)システムが大いに注目を集めている。AIをどう導入すればビジネスに効果的か、それを理解することは企業にとって緊急の課題となっている。(2016/8/4)

予測分析を実現する「次世代DWH」構築
「高額なデータマート開発費」はもう“化石”、インメモリDBがもたらす見逃せない価値とは
ビジネス環境の変化に瞬時に対応する「リアルタイム経営」を実践するには「次世代データウェアハウス」構築が必須。だが、企業にとってはデータマート開発コストが重荷になっている。どう解決すべきか。(2016/6/28)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第1回
データ分析がビジネス課題の解決に生かせていない本当の理由
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/5/9)

SQL Server 2005のEOSも目前に控える
SSDを柱にハード最適化を目指す「SQL Server SSD Appliance」が存在する意味
処理性能を高め、導入コストを抑える工夫を凝らした「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。この製品はどのようなものか。また、今後のロードマップとは。(2016/1/22)

「Revolution R」の機能を解説
米Microsoftも魅了した「R」強化版、「Revolution R」の実力とは?
オープンソースの統計用ソフトウェア「R」を強化した「Revolution R」。その開発元である米Revolution Analyticsを米Microsoftが買収するなど、注目の同製品を解剖する。(2015/11/2)

教育ITキーワード解説
ビッグデータを教育に生かす「ラーニングアナリティクス」とは?
データ分析を教育の改善に生かす「ラーニングアナリティクス」に取り組む教育機関が増えつつある。注目の背景と関連技術、課題を明らかにする。(2015/8/26)

従来のDWHやRDBでは対応が困難に
ビッグデータ時代、これからの分析基盤に欠かせない3要素とは
ビッグデータ時代の到来を受けて、アナリティクス分野における新しいデータマネジメントのアーキテクチャが注目を集めている。これからのデータウェアハウス(DWH)、次世代の分析基盤に求められる条件とは。(2015/6/18)

今から始める「データセキュリティ」【最終回】
「勝手クラウド」「ビッグデータ」時代にデータを守り抜くには?
新たな技術やトレンドが相次ぎ登場し、変貌を続ける企業情報システム。とはいえ、情報漏えい対策の本質は変わらない。「ビッグデータ」「クラウド」といった新たなトレンドを例に、対策の具体例を示す。(2015/2/25)

予測分析製品紹介
統計解析をはじめとする分析手段を利用し、データを基に将来の動向を予測するのに役立つのが「予測分析」製品である。各製品の概要や特徴を解説する。(2013/7/19)

予測分析製品紹介:日本IBM編
日本航空も活用、DWHでビッグデータ予測分析も可能な「IBM SPSS Modeler」
日本IBMの「IBM SPSS Modeler」は、簡単な操作でデータマイニングや統計解析ができる予測分析製品だ。DWHと組み合わせることで大量データを利用した予測分析も可能になる。(2013/4/18)

ビッグデータや社外データ活用で重要性増す
【導入効果】将来の出来事がデータから分かる「予測分析」
統計解析をはじめとする分析手段を利用し、データから将来の変化を予測するのに役立つのが「予測分析」製品である。その導入効果を解説する。(2013/3/14)

分析のカリスマから学ぶ
女性が増えると分析力アップ? 精鋭データサイエンスチームを作る7つの教訓
データサイエンティストが習得すべきプログラミング言語は何だろうか。また、彼らにはどのような指導が必要だろうか。チームにもっと女性を参加させるべき理由は何か。これらの疑問を含めた7つの項目に答える。(2014/8/27)

オープンソースこそ「最先端の」テクノロジー
「プロプライエタリ製品はダメ」、英公共テレビ局のビッグデータ導入記
英国の公共テレビ局Channel 4では、どのようにビッグデータを管理し、オンデマンドサービスを提供しているのか? 同社CTOが本音を語る。(2013/8/16)

予測分析製品紹介: SAS Institute Japan編
「Ponta」でも活用、今も未来も一気に見通す「SAS Analytics」
データを多角的・多面的に分析する予測分析製品群「SAS Analytics」。連携が容易な幅広い製品ラインアップで、現状分析から予測まで一気通貫でカバーする。(2013/5/31)

ITマネジャーに聞くデータ活用の今
「現場でこそ生きるデータ分析」──大阪ガスの企業文化を支えるデータ分析専門集団
オージス総研の平山社長は、「データばかりあってもうまく活用できるわけではない」と指摘する。情報システム部門内にデータ分析チームを置き、ビジネスの課題解決に当たらせた同氏に話を聞いた。(2013/3/1)

NEWS
SASが「SAS Visual Analytics」の新版発表、「社運をかける」
ビッグデータに潜む関連性やパターンを視覚的に把握したい――。こうしたニーズに応える製品「SAS Visual Analytics」の新版が登場した。予測分析機能の追加が目玉だ。(2013/2/19)

データクレンジング製品紹介: SAS Institute Japan編
操作性/管理性重視のクレンジングツール「SAS Data Management」
設定や運用を簡単にして、現場の従業員が難なく使えるデータクレンジングツールを目指す。こうした思想を具現化したのが、SAS Institute Japanの「SAS Data Management」だ。(2012/12/27)

BI製品紹介:日本ユニシス
顧客分析や需要予測に効果を発揮する国産データマイニング「MiningPro21」
大量のデータに潜む相関ルールや頻出パターンを自動的に分類・解析することで、隠れた有用な関係性を抽出するデータマイニング。日本ユニシスは20年以上前からその有効性を訴えてきた。(2012/5/18)

事例が示すビッグデータの可能性と課題【前編】
Amazon、Google、NTTドコモの事例が示すビッグデータの可能性
販売促進、研究開発、公共など、さまざまなビッグデータの活用が国内外で進んでいる。アナリストが紹介したビッグデータ活用事例をピックアップして紹介する。(2012/3/22)

BI製品紹介:アシスト
「WebFOCUS」が目指す理想のBI「カスタマーダイレクトBI」とは
一部の専門家だけでなく、社員の誰もが必要な情報をリアルタイムに活用するオペレーショナルBI。それをいち早く提唱したのが「WebFOCUS」だ。そして、その理想はカスタマーダイレクトBIに向けられている。(2011/10/26)

BIツール最前線:データマイニングツール編
RDBへの機能統合が進むデータマイニングツールの最新動向
データマイニングツールの基本機能を解説するとともに、代表製品を紹介。DWHとして使用するRDBにデータマイニングツールと同様のアルゴリズム実行モジュールを追加し、処理の高速化を目指す製品が登場している。(2011/6/27)

全国各地の医療機関を把握
被災医療機関のリストにも活用できた「2次医療圏データベース」
2011年3月に発生した東日本大震災では、多くの医療機関が被災した。政府や関係各所が情報収集に活用した被災医療機関のリストは、あるグループが無償で提供したものだった。(2011/5/25)

データ可視化からデータマイニング、予測、最適化まで
企業を成長させる「データ分析入門」
分析は一度実施したらそれで終わりではない。エキスパートによると、分析には8つのステップがあるという。それを繰り返し行い続ける企業が、分析を成長の武器へと変えることができるのだ。(2010/9/22)

BI製品紹介:マイクロソフト
「Microsoft SQL Server 2008 R2」+「Excel 2010」が目指すセルフサービスBI
マイクロソフトはSQL ServerとExcelの組み合わせでBI環境を提供してきた。そしてOffice 2010により、同社のBIはエンドユーザー自ら分析環境を構築できる「セルフサービスBI」へと進化した。(2010/7/30)

プロジェクト管理ツール紹介:テンダ編
プロジェクト管理とグループウェアを統合した「Time Krei」
プロジェクト管理ツールを導入しても実際に使われていない企業では、実績入力が現場の負担になったり、管理者がその実績を管理業務に有効活用できていないことが多い。こうした課題を解決する策とは?(2010/3/23)

TechTargetジャパン会員限定サービス
「TechTarget3周年&新チャンネル開設」記念キャンペーン
いつもTechTargetジャパンをご愛読いただきましてありがとうございます。おかげさまで、TechTargetジャパンは2009年5月15日をもって開設3周年を迎え、これを機に3つの新チャンネルをオープンしました。ここに日ごろのご愛顧に感謝し、「3周年&新チャンネル開設記念キャンペーン」を企画しましたので、奮ってご応募ください。(2009/6/27)

NEWS
アンケート回答者の感性まで分析――SPSSがドラッグ&ドロップ操作のテキストマイニングツール
書き手の心情を自動判断できる解析エンジンを採用。アンケートの自由回答に書かれた内容から回答者の態度や行動に関する洞察が得られるという。(2008/11/14)