2012年05月18日 09時00分 UPDATE
特集/連載

BI製品紹介:日本ユニシス顧客分析や需要予測に効果を発揮する国産データマイニング「MiningPro21」

大量のデータに潜む相関ルールや頻出パターンを自動的に分類・解析することで、隠れた有用な関係性を抽出するデータマイニング。日本ユニシスは20年以上前からその有効性を訴えてきた。

[富永康信,ロビンソン]

20年以上の歴史を持つ国産データマイニングツール

 企業における情報活用は、戦術や戦略を基にした具体的な経営計画(期間計画・目標)を策定(Plan)し、それを販売や生産活動につなげ(Do)、その結果となる実績を正しく測定して評価(Check)した上で、補正を重ねて新たな戦略・戦術につなげる(Act)というPDCAサイクルを繰り返して活動する。そのためには、正確な情報を適切な人や組織へタイムリーに提供し、意思決定を迅速に行うための情報活用システムが不可欠となる。

 情報活用システムといってもさまざまな要素があり、本連載で取り上げているBI(ビジネスインテリジェンス)もその1つだ。分析ツール(統計分析、多次元分析、データマイニング)やモニタリングツール(ダッシュボード)、リポーティングツール(定型、非定型、バッチ)などの各種機能が最近特に重要視されるようになってきた。

 今回は、国産のデータマイニングツールとして1999年に登場し、長年活用されている日本ユニシスの「MiningPro21」に注目してみたい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...