2016年08月04日 12時00分 UPDATE
特集/連載

誇大広告を冷静に見極める目が必要あらゆるアプリを賢くする人工知能(AI)の限界、それでも熱視線が集まる理由

人工知能(AI)システムが大いに注目を集めている。AIをどう導入すればビジネスに効果的か、それを理解することは企業にとって緊急の課題となっている。

[Ed Burns,TechTarget]
Watson IBMは「Watson」の日本語版APIを公開している(画像はIBMのWebサイトより)《クリックで拡大》

 アドバンストアナリティクス分野(統計解析、データマイニングなどの高度な分析)において、人工知能(AI)は2016年大注目のトレンドの1つとなっている。だが今日提供されているAI技術は、多くの人々が想像するAIとは異なるかもしれない。

 データマネジメント教育組織のDataversityが2016年7月中旬に開催したオンラインイベント「Smart Data Online」では、AIアプリケーションは今後、サービスとして提供されるインテリジェントなアプリケーションになるとの指摘が相次いだ。例えば、小売り業者がIBMのPaaS(Platform as a Service)サービス「IBM Bluemix」を通じて、同社のAIエンジン「Watson」をベースとする顧客サービスチャットボットを設置するといった具合だ。Microsoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」も同様のAIサービスを提供している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...