TechTargetジャパン

技術文書
ハイパーバイザーの製品比較:仮想化プラットフォームにおいて最高のワークロード統合率を実現するには
 今回のテストも、仮想マシンの統合率を中心に検証を行った。ハイパーバイザーのそれぞれのインスタンスには単一のアプリケーションが配置され、それぞれが同時稼動の状態で定常的な負荷を掛ける。これらの インスタンス上のアプリケーションの処理能力が劣化しない限界...(2011/2/1 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
仮想システムも数クリックで保護、中小企業向け統合バックアップ製品の実力は?
 現代の企業におけるITインフラはハイブリッド環境に移行しており、68%の企業が物理サーバ、仮想サーバ、クラウドサーバを組み合わせて活用しているという。中小規模の企業やSOHOにおいても、仮想インフラはもはや当たり前の存在となっている。 ハイブリッドなITインフ...(2017/10/27 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージド完全ガイド――高まるITインフラへの要求と新たな選択肢
 IT部門にとってインフラは手間を割くべき対象ではなく、業務アプリケーションやサービス提供により多くの時間と予算を使うことが求められている。しかし、だからこそインフラへ求められる水準は高まる一方であり、手間はかけられないが解決すべき課題も多いという苦しい...(2017/10/31 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月4日号:Office 365を安く導入する方法
 Computer Weekly日本語版 10月4日号は、以下の記事で構成されています。■ITプロジェクト失敗の原因は「リレーショナルデータベース」■NVMeでボトルネック化するストレージコントローラー■SANをハイブリッドフラッシュに置き換えて年1140万円のコストを削減■Office ...(2017/10/4 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?
 IT環境を迅速に立ち上げる方法として、近年、ハイバーコンバージドインフラ(HCI)の注目度が高まっている。HCIはSDS(Software-Defined Storage)の技術を使い、外部のストレージアプライアンスを用いず、汎用的なx86サーバ上にコンピューティング機能とストレージ機能...(2017/9/25 提供:データコア・ソフトウェア株式会社)

製品資料
ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣
 優れたパフォーマンスやシンプル化、拡張性などを実現するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。魅力的な製品が出そろってきたが、数値で比較しやすいスペック・価格だけで選定するのは早計だ。HCIを導入するなら、運用管理機能とストレージ機能にも注目したい。 HCI...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
AWSやAzureへの最適な移行方法は? 代表的な5つのアプローチを徹底比較
 オンプレミスで運用してきたサーバを「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」などのクラウド環境に移行するケース、あるいは他のクラウドから移行するケース、いずれの場合でもデータとアプリケーションの移行には幾つかの課題が伴う。 また、ダウンタイ...(2017/8/29 提供:三井情報株式会社)

製品資料
徹底比較で分かった、ハイパーコンバージド向け無償ハイパーバイザーの実力
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)はクラウドのような柔軟性や拡張性が魅力だが、その導入コストが課題となりがちだ。そこで注目されているのが、エンタープライズ向けの無償ハイパーバイザー。ただ、無償となると、定番製品との機能の違いも気になるところだ。 そ...(2017/8/9 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

事例
オンプレミスから「専用サーバ+クラウド」へ移行――コストを抑えた運用の秘訣
 博物館や美術館の情報を発信するポータルサイト「インターネットミュージアム」を運営している丹青社。同社は、これまで自社内のサーバ室に構築したクラウドシステムを利用して、このサービスを稼働させていたが、2015年9月の社屋移転をきっかけにオンプレミスからの移...(2017/5/31 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ
 ストレージ、ネットワーク、サーバを個別に用意するレガシーなインフラは、サイロ化による非効率が生じやすく、拡張するためにはシステム全体をリプレースする必要があるなど、管理に手間が掛かることが問題となる。 こうした課題に対処する方法として、サーバ、ストレ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は?
 近年は多数のベンダーや新興企業から、マルウェア感染の阻止に向けたエンドポイントセキュリティ製品が次々と登場している。しかし、年間で数億にも及ぶマルウェアの亜種が発見される状況では、多くの製品に見られるような限定的な保護機能では十分な対策とはならない。(2017/5/11 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
Webサービスの負荷激増にどう対処する? “常時SSL化”時代のトラフィック制御
 Webサイトのトラフィック増大、サイバー攻撃の増加などを背景に導入が進むアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)。ロードバランサーの上位製品であるADCは、高度なトラフィック制御技術により、WebサイトやWebサービスの負荷分散とセキュリティ強化を実現す...(2017/3/3 提供:SCSK株式会社)

製品資料
物理/仮想/クラウドを一元管理、「統合データ保護」製品の疑問を解消
 物理、仮想、クラウドなどのプラットフォームを問わず、インフラ全体のデータを保護する「統合データ保護」製品。データの一元管理が可能になる一方で、多様な機能を1つにまとめているため、パフォーマンスや運用効率、業務負荷、コストなどへの不安の声も聞こえる。 ...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

技術文書
ネットワーク機能仮想化製品導入戦略ガイド
 固定されたネットワークアーキテクチャでは、現代のネットワークニーズに適した柔軟性は実現できない。そこでネットワーク機能仮想化(NFV)の人気が上昇している。本稿ではOpenStack Neutronの進展と、NFVによるネットワークの柔軟性増大、通信事業者によるWAN機能のコ...(2017/3/29 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウド移行動向調査:移行における重要課題とベストプラクティスは?
 企業におけるクラウドの重要性は年々高まっている。オンプレミスサーバからクラウドへのシステム移行は、既に大きく進んでいるが、そこにはさまざまな目的や手法が存在する。今後、移行を検討する企業にとって、これらの企業の戦略に学ぶことは大きな意味を持つ。 そこ...(2017/3/15 提供:三井情報株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/1/31 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

レポート
「ゲームをやらないから必要ない」という人こそチェックしたい「GPU仮想化」
 GPU(Graphics Processor Unit)は、ビジネスユーザーには依然としてなじみの薄い半導体のようだ。3Dゲームを快適に動かすためにグラフィック描画演算「だけ」に特化したプロセッサと考えている企業ユーザーも多いだろう。 しかし、GPUの役割は大きく変わろうとしてい...(2016/10/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか
 クライアントPCやサーバといったエンドポイントを保護する「エンドポイントセキュリティ」の重要性が高まっている。攻撃者の最終的な攻撃目標が、エンドポイントに他ならないからだ。メールやWebサイトなど攻撃経路は数あれど、攻撃者が欲しがる情報や壊したいシステム...(2016/11/30 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
クラウドとオープン系システムの手薄な運用監視、強化に役立つ2種類のサービス
 稼働監視が徹底されている基幹システムと比較して、業務系および情報系システムは導入だけでなく運用についてもユーザー主体となっていることが多い。そのためIT部門の目が届きにくい傾向があるうえ、パブリッククラウド上に構築して利用されることが増えており、さらに...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 データ分析など特定用途で従来使われてきたフレッシュストレージの市場が拡大している。技術革新や供給の拡大によって容量当たりの価格が下落し、HDDと変わらない製品も登場。基幹システムなど幅広い用途で使われるケースが多くなってきた。 当コンテンツはフラッシュ...(2016/9/23 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
自動的に仮想マシンを最適化、仮想環境専用オールフラッシュストレージの実力は?
 数百、数千にのぼる仮想マシンの詳細な稼働状況を常に監視することは、事実上、不可能だ。そこで、最近では仮想環境に特化したストレージ製品に、これらを監視する機能を持たせるケースが増えている。 こうした製品では、自動的に仮想マシンを最適な場所に割り当てたり...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 今や激戦区となったフラッシュストレージ市場。2016年はどのような製品が登場し、さらにどのような進化を遂げるのか。2016年のフラッシュストレージ市場を解説した3つの記事をまとめた。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。■6大サプライヤーの2016年オールフラ...(2016/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月11日号:新トランジスタで蘇るムーアの法則
 Computer Weekly日本語版 5月11日号は、以下の記事で構成されています。■「ムーアの法則」の復権──消費電力を1/100にする新トランジスタの可能性■もう管理しきれない……企業にまん延する「パッチ疲れ」が深刻化■「Windows PowerShellは凶器」セキュリティ専門家...(2016/5/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
標的型攻撃に対抗するのはサンドボックスだけではない「コンテンツ&マルウェアフィルタリング」という提案
 一時期、標的型攻撃は「一部の大規模組織だけが狙われる」という考え方が流布されていた。しかし実情を見れば、脆弱性を持つ企業ならどこでも侵入し、そこを踏み台にしてさらに別の企業へ攻撃を仕掛けるケースが起きている。そのため包括的なセキュリティ施策について...(2015/12/2 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

事例
多大なキャパシティーと処理能力を要するCAEシステムを、VDI適用で低コスト安定構築
 CAE(Computer Aided Engineering)は計算機支援工学とも呼ばれ、コンピュータを利用して製品の設計、製造、工程設計の事前検討の支援を行う技術およびツールを指す。自動車など工業製品分野では、CAEシステムを使って設計段階でのシミュレーションを行い、高品質な部品...(2015/11/11 提供:デル株式会社)

製品資料
AWSのロードバランサーELBとBYOLの仮想ADCを比較、柔軟で堅牢なWebシステムを構築するには?
 企業のシステムインフラの構築において、今やAWSは当然の選択肢となっている。しかし、AWS上にシステムを構築して負荷分散を行う場合、AWS提供のELBだけでは機能要件の制約に悩むことも多い。 本ホワイトペーパーは、そういった機能要件の制約を解決するソフトウェアベ...(2015/11/16 提供:SCSK株式会社)

製品資料
従来のファイルバックアップより10倍高速に、簡単かつ柔軟なリカバリ運用
 システム障害発生時に起こる業務の混乱や中断を回避するポイントは「どの時点に回復するか」、そして「どれだけの時間で回復するか」を明確にすることだ。ここで注目されるイメージバックアップは、ディスクのセクタイメージをそのままバックアップファイルに書き込む。(2015/10/26 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

製品資料
サーバ容量節約だけではない、メールアーカイブで「監査能力が向上」
 「電子帳簿保存法 第10条」や「関税法 第94条」などでは、電子取引にかかわる記録の保存が義務化され、電子メールの保存も必要となる。また米国企業との取引でトラブルが発生した場合「e-ディスカバリー法」において電子情報の証拠開示手続きが取られることがあり、そこ...(2015/10/16 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

レポート
Webアプリケーションのパフォーマンスを最適化するアプリケーションデリバリコントローラーの選び方
 従来のレイヤー4(L4:トランスポート層)だけでなく、レイヤー7(L7:アプリケーション層)にも対応した負荷分散を実現する「アプリケーションデリバリコントローラー(ADC)」が注目されている。ただしL7での負荷分散は、Webアプリケーションのパフォーマンス低下を招...(2015/7/31 提供:A10ネットワークス株式会社)

Loading