2010年12月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

XenServer TipsXenServerでVMの仮想ディスクをVHD形式にする方法

仮想ディスクを保存するストレージを、デフォルトのボリュームベースのLVMからファイルベースのext3に変更する方法を解説する。これにより、シンプロビジョニングやエキスポートのパフォーマンスが向上する。

[北瀬公彦,シトリックス・システムズ・ジャパン]

 XenServerでは、仮想ディスク用に下記4タイプのストレージを使用できる。

1.ローカルストレージ:

小規模環境で、ライブマイグレーションやリソース共有を行わない場合に検討される。

2.NFS(Network File System):

比較的安価な共有ストレージ。中規模仮想環境で検討される。

3.iSCSI SAN:

IPネットワークで構成できる共有ストレージ。中規模仮想環境で検討される。

4.FC SAN:

専用のネットワークで構成する共有ストレージ。大規模環境で検討される。

 各ストレージ上における仮想ディスクの特徴は、下表を参照。

タイプ別に見るストレージの特徴
ローカル ローカル FC iSCSI NFS
SRタイプ LVM ext3 LVM LVM NFS
仮想ディスク LVHD VHD LVHD LVHD VHD
共有
シンプロビジョニング
リサイズ  
マルチパス ボンディング ボンディング
高速複製

 以下、ローカルのストレージリポジトリ(SR)をデフォルトのLVMからext3に変更する方法について解説する。なお、本稿では説明の都合上(手順6〜8の)コマンドに改行を入れているが、実際には1行で入力する。

設定方法

【XenServer 5.6以前】

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...