2011年10月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

VMware vSphere、Hyper-VからXenServerへの移行

VMware vSphereやHyper-Vの仮想マシンをXenServerに移行する方法を説明する。

[峰田健一,シトリックス・システムズ・ジャパン]

 XenServer 5.6以降では試験的な機能として、VMware vSphereやHyper-Vなどのハイパーバイザーからエクスポートした仮想マシン(VM)をXenCenterでインポートすることができる(XenServer 6.0から正式サポート) 。

 VMは物理的なハードウェアとの結び付きからは解放されているが、ハイパーバイザーがエミュレートするハードウェアや専用ドライバには、ハイパーバイザーごとに特有の認識があるため、V2V(Virtual to Virtual)には幾つかの手順が必要である。

 以下、VMware vSphereとHyper-V上のVM(OSはWindows)をXenServerに移行する手順を示す。エクスポートやインポートの手順はLinuxの場合もほぼ同等である。インポートした後の手順は「完全仮想化のLinux VMを準仮想化対応に変更する」を参照してほしい。

関連ホワイトペーパー

アプライアンス | 仮想化 | Linux | バックアップ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...