2011年10月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

VMware vSphere、Hyper-VからXenServerへの移行

VMware vSphereやHyper-Vの仮想マシンをXenServerに移行する方法を説明する。

[峰田健一,シトリックス・システムズ・ジャパン]

 XenServer 5.6以降では試験的な機能として、VMware vSphereやHyper-Vなどのハイパーバイザーからエクスポートした仮想マシン(VM)をXenCenterでインポートすることができる(XenServer 6.0から正式サポート) 。

 VMは物理的なハードウェアとの結び付きからは解放されているが、ハイパーバイザーがエミュレートするハードウェアや専用ドライバには、ハイパーバイザーごとに特有の認識があるため、V2V(Virtual to Virtual)には幾つかの手順が必要である。

 以下、VMware vSphereとHyper-V上のVM(OSはWindows)をXenServerに移行する手順を示す。エクスポートやインポートの手順はLinuxの場合もほぼ同等である。インポートした後の手順は「完全仮想化のLinux VMを準仮想化対応に変更する」を参照してほしい。

関連ホワイトペーパー

アプライアンス | 仮想化 | Linux | バックアップ


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

インターネット広告PMP取引市場規模、2021年には約3倍に――サイバーエージェント子会社が予測
サイバーエージェント子会社のAJAは国内PMPの市場動向調査を実施。その結果を発表した。

news025.jpg

電通ダイレクトフォース、コマース機能付きインタラクティブ動画を制作できる「EICHI ビデオコマース」を提供
電通ダイレクトフォースは、コマース機能を実装したインタラクティブ動画を制作・配信で...

news019.jpg

電通など3社、Instagram動画広告の制作・配信ソリューションを提供
電通デジタルと電通、TWIN PLANETの3社は、「Instagram」の動画広告を制作・配信するソリ...