2011年07月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

XenServer TipsXenServerでWindowsのメモリやCPUを拡張する場合の注意点

XenServerで32ビットのWindowsを利用する場合、メモリ割り当ての上限が4Gバイトに制限される。だが、一度作成した仮想マシンに対してコマンドを実行することで、4Gバイトを超えるメモリを割り当てることができる。

[山崎博昭,シトリックス・システムズ・ジャパン]

 XenServerで32ビットのWindows Server 2003/2008を利用する際、メモリ割り当ての上限は、デフォルトで4Gバイト(※1)に制限されている。

※1 厳密には4Giバイト(4096Mバイト)。

 また、Windows Server 2003/2008 Standard EditionではCPUソケットが4つまでサポートされているが、XenServerのハードウェアが2CPUソケットの場合、デフォルトでは2vCPU以上を割り当てることができない。

 以下、Windows Server環境でメモリやCPUを拡張する手法について解説する。

関連ホワイトペーパー

Windows Server 2008 | 32ビット | マルチコア


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...