TechTargetジャパン

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

事例
次世代のデータセンター、その革新的なサービスとNFV製品選定のポイントとは?
 これまでは「ラック貸し」「場所貸し」のイメージがあったデータセンターだが、近年は、そのビジネスモデルの変革が大きく進んでいる。クラウドサービスのように「使いたいとき、使いたい分だけ」利用できる次世代データセンターも登場し、大きく注目されている。 この...(2017/1/31 提供:SCSK株式会社)

事例
オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由
 自社運営の企業向け仮想データセンター「SmartVDC」を基盤に、プライベートクラウドサービス「VMホスティング」などを提供しているスマートバリュー。VMホスティングでは、利用者の増加に合せてストレージを拡張してきたものの、従来使用してきた機種では、拡張を続けて...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2016/11/11 提供:日本電気株式会社)

事例
レンタルサーバ事業者の評価基準に応えるバックアップ運用の要件
 企業が管理するデータが爆発的に増加する中、事業継続計画の要となるバックアップシステムに対する意識も変わり始めている。レンタルサーバ事業などを行うプロックスシステムデザインでは、この変化を受けてバックアップサービスの内容を大幅に変更した。 同社は、2002...(2016/5/17 提供:Arcserve Japan合同会社)

製品資料
1000分の1秒レベルの遅延がビジネスを瓦解させる、通信の最適経路選択の重要性
 インターネットを通じて提供されるさまざまなサービスにとって、通信速度の遅延はビジネスに深刻な影響を及ぼす。わずか2秒でユーザーの不満や収益の低下が現れはじめ、レスポンスタイムにシビアなオンラインゲームのプレイヤーでは、たった50msの遅延増加によって2倍も...(2016/3/29 提供:インターナップ・ジャパン株式会社)

製品資料
低価格なプライベートクラウドサービス、選択の決め手は「5つの適応力」
 中小企業にとって、システムを一から構築することはコスト面でも運用面でも大きな負担となる。パブリッククラウドの利用を検討したものの、サーバOSやネットワーク環境などに具体的な条件が付く場合、一般的なサービスを利用できないケースもある。ハウジングサービスを...(2015/4/1 提供:カゴヤ・ジャパン株式会社)

事例
セキュリティ専任者不在の東海住宅サービスが、遠隔地拠点のPCも一元管理できるわけ
 建設業を中心に、総合ハウジングサービスや住宅メンテナンス業務、リフォームの設計・施工などを手掛ける東海住宅サービス。これまで同社は、クライアントPC購入時にバンドルされていた個人向けのセキュリティ製品を利用して、セキュリティ対策を行ってきた。そのため...(2015/2/2 提供:株式会社シマンテック)

事例
大手データセンターが次世代型ファイアウォールの選定で重視した3つのポイント
 さくらインターネットは日本のインターネット黎明期である1996年に創業した。個人が低価格で利用できるレンタルサーバサービスの提供を皮切りに、大規模ネットビジネスやエンタープライズのニーズに応える専用サーバ、ハウジング、クラウドなどの幅広いデータセンターサ...(2014/12/26 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

製品資料
Windows Server 2003サポート終了に備えろ! 最新サーバ移行ハンドブック
 2015年7月のWindows Server 2003のサポート終了まで1年を切った。サポートされない古いサーバを使い続けるとセキュリティ、障害、コストや拡張性などのリスクに直面することになる。リモートアクセスやサーバ仮想化など多くの機能を標準搭載した最新のWindows Server 20...(2014/9/10 提供:株式会社大塚商会)

事例
複数OS/異機種混合システムの統合管理を実現したクラウド基盤、その選定基準とは?
 大阪、京都、滋賀にトヨタ車の販売店を展開する大阪トヨペットグループの一員として、1973年に設立されたオーアイエス コム。グループ会社で共有している自動車販売システム(カーディーラーシステム)をホスティングサービスで提供するだけでなく、ハウジングサービス...(2013/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
遠隔地バックアップの課題を解決する4つのポイント
 東日本大震災では、多くの自治体で住民データが消失してしまったことが、その後の復興が遅れる一因となった。また一般企業でも被災によって業務データを失い、事業の継続・再開が遅れてしまったケースが発生した。これらの教訓を生かし、業務上重要なデータを遠隔地のデ...(2014/5/26 提供:株式会社 石川コンピュータ・センター)

事例
霧島酒造のBCP対策 1サーバのバックアップ時間を4時間から15分に短縮できたわけ
 芋焼酎「霧島」に代表される本格焼酎の販売で知られる霧島酒造。日本一を目指す本格焼酎の老舗は、IT活用も先進的だ。仮想化を活用したサーバ統合への着手やシステムのクラウド化、スマートデバイスの採用など、他社に先駆けるIT活用で、業務の効率化や生産性の向上を実...(2014/3/11 提供:CA Technologies)

製品資料
徹底検証:データベースのBCP/DR対策
 東日本大震災以降、事業継続計画(BCP)、災害対策(DR)は重要な関心事となっている。BCP/DRを実施する際、考慮すべきは「最も停止してはならない業務は何か」だ。多くの企業において、重要システム(データ)アクセス不能が事業継続障害となり、ビジネス損失に直結す...(2014/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
JRシステムが提供する高信頼性のデータセンターサービス、クラウドサービスとは
 全国のJR「みどりの窓口」でおなじみの座席予約・販売システム。 JRシステム(鉄道情報システム株式会社)は、稼働率99.999%を誇る日本最大規模のオンライン・リアルタイム・システムの運営で培ってきたノウハウを活用し、ミッションクリティカルな品質基準に応える「安...(2013/7/31 提供:鉄道情報システム株式会社)

事例
預けられればそれで良い? データセンター利用の真の目的とは
 3.11の震災をきっかけに、一度はデータセンターの利用を検討した会社は多い。だが、いつ起こるか分からない災害に対する「保険」だけでは、経営層の理解が得られず、断念した情報システム部門が大半だ。 しかしデータセンターの利用目的は、災害対策だけが、重要なファ...(2012/8/31 提供:株式会社アイネス)

製品資料
全国のデータセンター事業者との連携によるBCPに向けた新たなクラウドの取り組み
 関東圏、東海圏、関西圏をはじめとした全国エリアの法人に対してデータセンターソリューションを提供しているTOKAIコミュニケーションズ。同社は今、全国のデータセンター事業者との連携を進めている。各社が蓄積しているノウハウ・インフラを集約して、遠隔・広域でよ...(2012/8/23 提供:株式会社TOKAIコミュニケーションズ)

製品資料
コストを抑えて業務継続を実現させる、新発想のDR対策
 2011年の東日本大震災からディザスタリカバリ対策について検討を始めた企業が増えている。また、これまでデータのバックアップによるDR対策を行なっていた企業も、災害が起こった場合、本当に業務が継続できるのかを改めて考え直している。 不測の事態に完璧に業務を継...(2012/6/28 提供:株式会社ドリーム・アーツ)

製品資料
災害対策に適した郊外型データセンターの条件
 東日本大震災の発生以降、多くの企業が自社システムを想定外の災害や事故から守るための取り組みを強化している。中でも、データセンターの立地を選定するに当たっては、地震リスクや電力会社の管轄など、これまでにはなかった新たな選定条件が挙げられるようになってき...(2012/1/30 提供:株式会社シティアスコム)

事例
データセンター事業者が選んだサーバ/ネットワーク統合ソリューション
 データセンター事業を手掛けているイーツは、クラウド型サービスの拡充を決定。より高いパフォーマンスと運用管理の効率化を目指し、ネットワーク製品も統合的に管理できるソリューションを探していた。 同社が選んだのは、シスコの「Cisco Unified Computing System」...(2012/4/18 提供:シスコシステムズ合同会社)

講演資料
プライベートクラウドセミナー2011〜変化の時代を乗り切る企業クラウド活用術とは?〜
【セッション1:クラウドが企業にもたらす価値と新企業情報システムのあり方】  TCO削減、事業継続性、そして最新の災害対策等、クラウドが企業にもたらす価値や、  その役割、メリットを分かりやすくご紹介。【セッション2:事業継続を実現するリモートアクセスソ...(2011/7/4 提供:株式会社日立情報システムズ)

製品資料
Web会議の常識 〜調査から見えてきた、これからのコミュニケーション
 Web会議を利用している、したことがあるビジネスパーソンがどれくらいいるのか。Web会議を利用したい人がどれくらいいるのか。Web会議にどのようなイメージを持っているのか。 本ホワイトペーパーでは、調査結果をベースに、国内シェアNo.1のWeb会議システム(シードプ...(2010/5/31 提供:株式会社ブイキューブ)

製品資料
仮想化で実現する導入時の負荷、コスト軽減!『中小企業向けクラウド型ホスティング』
 ビジネスにおけるIT活用の拡大化に伴い、必要となるサーバー台数や、安定した環境でシステムを動作させるインフラの設備コスト、環境セキュリティ面での維持コストが年々増加しており、運用負荷やコストの削減が課題となっている。 このような課題への解決策として仮想...(2009/11/30 提供:ファーストサーバ株式会社)

事例
レンタルサーバはここまで使える!『専用レンタルサーバ徹底活用 3つの秘策!』
昨今の景気低迷を背景に、新たなシステム投資のみならず、既存のシステム運用についても、コスト削減や投資効果の最大化が、最優先課題となりつつあります。そんな投資効率化のニーズを背景に、専用レンタルサーバの導入を検討されるお客様から、主に以下の3つの声が多く...(2009/9/16 提供:NTTスマートコネクト株式会社)

製品資料
課題の多いデータセンター設計。IT資産の可視化がコスト削減の近道!
 コスト超過。つまり、ラックや電力などの利用効率が最大化されていないため、コストを抑えきれていないデータセンターは意外にも多い。これは企業のサーバ室も例外ではなく、例えば、ラック内のスペースや電力が実際にはまだまだ使用可能な状態である場合や、使用されて...(2009/9/1 提供:アボセントジャパン株式会社)

製品資料
コストと手間の両方を削減する、新型データセンターサービス
at+linkコロケーションサービスは、回線とラックのインフラを低料金で提供するだけでなく、電源OFF/ONのみから手順書に従った作業まで必要なサポートのレベルを選択できる点が大きな特長。データセンターサービスが乱立するなか、サーバメーカー(自社)がデータセンター...(2009/7/15 提供:株式会社リンク)

製品資料
「ホスティングサービスのメリット」〜ハウジングとの徹底比較〜
24時間サーバー監視できますか?!導入・運用負担を軽減。3000台ご利用実績の安心ホスティングサービス!「ハウジングサービス」と「ホスティングサービス」の徹底比較をはじめ、ホスティングサービスで可能なアウトソース、コスト、セキュリティ、拡張性などのメリット...(2007/3/15 提供:GMOホスティング & セキュリティ株式会社)

事例
24時間365日運用/乗り換え成功者が語るホスティング選定のポイント
 事業拡大に伴い、より高付加価値なサービスの提供を求められるケースは多い。 人材の採用、育成、活用という人事バリューチェーンの最適化を支援するウィルソン・ラーニング ワールドワイドも例外ではない。高まるクライアントニーズを満たすには、更なるホスティング...(2008/11/12 提供:インフォリスクマネージ株式会社)

製品資料
サーバ1台から対応、中小規模に特化したサーバ運用管理サービス
 サーバ管理における内部統制対応への要望は、大規模企業にとどまらず中堅・中小規模企業にまで広がってきている。しかし、1〜5台程度のサーバを管理している中堅・中小規模企業がデータセンターを利用する場合、費用面で厳しいという現状がある。 リコーではそのニーズ...(2008/6/16 提供:株式会社リコー)

製品資料
2008年度版 “損”をしない専用サーバー選びのポイント
独自開発システムからオープンソースアプリケーションまで専用サーバー活用の幅が広がった。これまで高額だった専用サーバーも活用方法の広がりに合わせて、月額10,000円以下の低価格サービスからハイスペックサービスまで、利用者のニーズに対応したサービスが登場。多岐...(2008/7/23 提供:ファーストサーバ株式会社)

Loading