TechTargetジャパン

レポート
我が社のビジネスに役立つIaaSはどれだ? 真のビジネス貢献ができるクラウド選定方法
 近年、企業がITシステム求めるものは「堅牢性」や「性能・品質」から「ビジネスへの貢献」へと変わってきた。ビジネス貢献のためにはIT基盤の見直しは重要なテーマであり、その中でもクラウドは最重要項目と位置付けられている。中でも市場成長率の高い「IaaS(Infrastr...(2014/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビジネスに貢献する「クラウド選定」で忘れてならないポイント
 ITコンサルティング企業のITRが国内企業を対象に実施した『IT投資動向調査 2014年版』では、最重要視するIT戦略テーマとして「売上増大への直接的な貢献」「業務コストの削減」「顧客サービスの質的向上」がトップ3に入った。こうしたビジネス貢献を意識したITに対する...(2015/5/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ミッションクリティカルに対応した「第2世代IaaS」の本命は?
 企業のクラウド移行には無視できないハードルがある。一般的なIaaSは比較的小規模なアプリケーションを想定しており、ビジネスの本丸であるミッションクリティカルなシステムには対応しきれていなかった。その受け皿となり得るサービスにしても、IaaSに合わせたアプリケ...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」基礎解説:IaaS移行に向けて知っておきたい8つの機能
 多くの企業が「競争力の維持にはインフラの見直しが必要」と気付いており、IaaSへの移行に関心を示している。全世界でのIaaSへの投資額は、2015年の約150億ドルから、2020年には560億ドルまで急増する見込みだ。 このようにIaaSの利用が拡大する一方で、大企業の利用は...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
初めての「Microsoft Azure IaaS」実践マニュアル
 Microsoft Azureの無料試用版を契約したけれど、いろいろ試そうにも、どこから手をつけてよいかわからないというユーザーも多いのではないだろうか。ほとんどの項目には既定値が設定されているため、その値の意味を理解していなくても、最低限の構成は行えるが、重要な...(2014/5/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
あなたの会社のクラウド移行、オンプレミス環境と同じに使えますか?
 オンプレミスで稼働するシステムをパブリッククラウドに移行しようと考える場合、移行先としては「IaaS」と「PaaS」のどちらを選ぶのが良いのだろうか。現状はIaaSを選択する企業が多いという。その理由は「PaaSでは移行コストが高く、ベンダーロックインのリスクも高い...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
初めてのクラウドコンピューティング――IaaSからSaaSまで失敗しない選び方
 現在、クラウドコンピューティングのサービスを提供する事業者は把握が難しいほど数が多い。本コンテンツでは、IaaSからSaaSまで数多くの選択肢の中から事業者を選定する際、技術や機能以外にも注目すべきポイントを解説する。加えて、クラウドコンピューティングの基本...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
主要3社のコスパ比較、安価で強力なクラウドサービスはどれか?
 クラウドサービスの細分化が進み、企業はより多くの選択肢を持てるようになったが、どのサービスを選ぶべきかで頭を悩ませるケースが増えてきた。サービスごとに備える機能も異なるため、利用目的に合致しているかについても今まで以上に慎重に検討する必要がある。 そ...(2016/11/21 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
環境やアプリケーションを選ばない、真にオープンなクラウドサービスは?
 企業のクラウド移行が加速する中、PaaS、IaaSの重要性は一層増している。その特徴は多岐にわたるが、中でも重要なのは柔軟性だ。クラウドベンダーの製品・サービスだけでなく、他社製品・他社環境を含めて柔軟に連携できるサービスが求められている。 アプリケーション...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
「Microsoft Azure」の導入が週1万社ペースで増加、ユーザー企業にうけている理由は?
 米Microsoftが「Microsoft Azure」(当初は「Windows Azure」)をリリースしてから早5年。当時はPaaSという位置付けにあったAzureだが、その後IaaSレイヤーにもサービスを広げ、現在は毎週約1万件の新規サブスクリプションが追加されるほど導入社数を増やしている。 こ...(2015/6/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

事例
IaaSベンダーが明かす「ベアメタルのパワーを最大化するサーバの選び方」
 Bigstepはビッグデータ分析サービスを提供する欧州拠点のクラウドプロバイダーである。クラウドサービスの価格競争が激化する中、「価格性能比」を武器に競争力を高めている。 ビッグデータ分析に特化した高性能のベアメタルソリューションを展開する同社は、パフォー...(2015/11/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月22日号:Amazon Web Services vs. Google
 Computer Weekly日本語版 1月22日号は、以下の記事で構成されています。■「平凡なIaaS」Google Compute EngineはAWSに追い付けるのか? Google のIaaSが満を持して正式発表された。だが、評判は「施策のスピード感が足りない」「あまりにも標準的」と散々。これに対...(2014/1/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
もう見過ごせない自社開発アプリのサイロ化 クラウド化への最短ルートは?
 あらゆる分野でクラウドへの移行が進んでいるが、いまだに多くの企業がレガシー・プラットフォームを手放せずにいる。その最大の理由が、自社開発したアプリケーション群の存在だ。これらは多くの場合、各部門内にサイロ化した状態で存在し、エンド ツーエンドのビジネ...(2016/7/29 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

講演資料
日本と同じでは通用しない? 中国ビジネスに適したパブリッククラウド利用の条件
 日本と事情が大きく異なる中国でビジネスを展開するには、さまざまなハードルをクリアする必要がある。繰り返される法令や規制の改訂にも都度対応しなくてはならず、さらに常時つきまとうのがITインフラの問題だ。 中国のITインフラは日本と大きく異なる。主要ISPは国...(2016/3/29 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
基幹システムのクラウド移行を“賭け”にしない堅実な運用方法
 企業ITにおいて、常に効率化とコスト削減で悩まされるのが基幹システムだ。24時間365日稼働、安定的な処理性能の確保、災害対策、内部統制、セキュリティ対策など、優先すべき課題が多く、コストや運用負荷は二の次とされやすい。 そのため、基幹システムのクラウド移...(2016/5/26 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
鉄鉱石採掘/海上輸送企業のIaaS導入事例 CIOに要件定義と選定方法を聞く
 世界最大規模の鉄鉱石採掘/海上輸送企業であるオーストラリアのFortescue Metals Group。2008年の鉄鉱石採掘量は2700万トンで、3年後には中国の顧客向けに採掘した4000万トンの鉄鉱石を、鉄道および船舶を経由して運搬した実績を持つ。しかし、同社の計画はこれが終点...(2013/7/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
競争力を生み出すカスタムアプリケーションの構築時間を根本的に削減する「aPaaS」という考え方
 クラウドベースのプラットフォームで実行しているソフトウェアをベンダーがレンタルするSaaSは、さまざまな企業が利用している。しかし、企業の全ての業務や顧客に提供するサービスをSaaSでまかなうことはできない。 クラウドの活用が当たり前という時代に入り、多様な...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
変換・再設定なしで仮想マシンをクラウドへ、移行の課題を一気に解消
 仮想マシンをオンプレミスからクラウドに移行するには多くの課題がある。多くのパブリッククラウドサービスは、アプリケーション環境に不可欠なレイヤー2ネットワークをサポートしておらず、VMwareベースの仮想ソフトウェア製品をそのまま稼働させることも難しい。これ...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
クラウドデータベースを“ガチ比較”、勝利を飾った意外な名前は
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2015/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウド活用時にセキュリティ被害を最小限に留めるための「ホスト型セキュリティ」とは?
 パブリッククラウドの活用において、PaaSではアプリケーションを、IaaSではアプリケーション以外にデータ、ランタイムライブラリ、ミドルウェア、OSをユーザー自らが保護する必要がある。昨今増えている、オンプレミスの自社システムとパブリッククラウドサービスを連携...(2015/5/13 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
 クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。アプリケーションのクラウド移行は、今後のあるべき姿なのである。 ただし、セキュリティや全体的なコストについては、い...(2017/4/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
10分以内に仮想マシンを導入、OpenStackを活用した複数クラウド運用法
 仮想化技術を使ってサーバ統合を進めていた企業が、その適用範囲を広げてプライベートクラウド構築を始めた際、パブリッククラウドサービスは一部の技術部門がシステム検証などに使うものとして捉えられていた。しかし現在では、AWS、Microsoft Azureなどのパブリックク...(2015/2/27 提供:インテル株式会社)

技術文書
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。クラウドサービスプロバイダー、例えば米Amazon Web Servicesや米Rackspaceなどは、会社のデータ管理や通信の負担を軽減して...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハイブリッドクラウドを生かすSD-WAN選びのポイント
 SD-WANはソフトウェアによってハイブリッドなネットワーク環境を効率的に運用する技術だ。現在の企業ネットワークは、商用インターネット回線やMPLS(Multi Protocol Label Switching)などを利用した信頼性の高い回線の混成状態になっている。SD-WANはハイブリッドなネ...(2016/9/30 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
「Office 365」はなぜ使いやすい? MicrosoftのOS全方位外交でさらに便利に
 インターネットの普及に伴い、SaaS(Software as a Service)が広がりを見せている。アプリケーションとサポートをパッケージにして販売していたアプリケーションベンダーも、オンラインサービスや従量制サブスクリプションの提供へとシフトしている。それは、「Office ...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
クラウド導入に関する読者調査結果リポート(2013年3月)
 TechTargetジャパンは2013年3月、クラウドコンピューティング全般に関して、会員を対象にしたアンケート調査を実施した。プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)の導入状況についてまとめて...(2013/5/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
知らないと恥ずかしい「Webセキュリティ対策&パフォーマンス向上策」まとめ
 顧客との接点やサービス提供の手段としてWebサイトやWebアプリケーションが一般的な手段となる中、Webは攻撃者のターゲットとしても“うまみ”を増しつつある。Webがビジネスの場として機能すればするほど、そこには重要情報が集まるようになる。もちろん社内システムと...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading