レイオフ続きでも「人材不足」、支出は増えても「デバイスが不振」の理由企業のIT支出における明暗【後編】

調査会社Gartnerの調査によると、2023年の世界のIT支出は堅調に推移する。ただし全ての分野が堅調なわけではない。明暗が分かれる分野と、その理由とは。

2023年06月09日 05時15分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

関連キーワード

Gartner | CIO | IT部門


 調査会社Gartnerが2023年4月に発表した予測によると、2023年の世界のIT支出は前年比5.5%増加して約4兆6000億ドルになる。世界的な経済の混乱は続きながらも世界全体のIT支出は増加するものの、状況は単純ではない。分野別では明暗が分かれる他、人材不足の問題は依然として解消しない。背景に何があるのか。

デバイスは売れず、人材不足が解消しない状況が浮き彫りに

 Gartnerは、企業がソフトウェアへの支出を優先するとみる。ソフトウェアによって生産性の向上や業務の自動化を図り、競争優位性を確保しようとする傾向が強まっているためだ。

 ソフトウェア分野への支出は、2022年は前年比8.8%増の約7940億ドルだった。2023年の成長率の見込みは12.3%増で、2024年までには1兆ドルの市場規模に達するとGartnerは予測している。その一方でデバイス分野への支出は、2023年に4.6%の減少になる見通しだ。消費者の購買力低下と購入意欲の欠如により、デバイスの購入が先送りになる傾向があるからだ。

 ITサービス分野は、2024年まで堅調な成長が続く見込みだ。2023年は特に、前年比30%以上の成長を見込むIaaS(Infrastructure as a Service)市場が同分野をけん引する。2022年に1兆2500億ドルだったITサービス分野への支出は、2024年には1兆5000億ドルまで成長するとGartnerは予測する。クラウドサービス分野は使用量の増加だけでなく、価格が支出増加の主な要因になる見込みで、これについて同社は過去にはなかった傾向だと分析する。

 GartnerはIT企業における人材削減が目立つ状況においても、熟練したIT人材の不足は続いていると指摘する。IT人材の需要が供給を大きく上回る状態は、少なくとも2026年まで続くという。

 「IT技術者がレイオフ(一時解雇)されているからといって、IT人材の不足が解消されたわけではない」とラブロック氏は語る。さまざまな業界の企業が社内のIT分野の支出を抑制しており、企業は賃金の上昇に追随できていない。その結果、同氏は「企業は限られたIT人材を維持するために費用を投じ、人材不足を埋めるために社外のITサービス企業に頼ることになる」と語る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...