3D CAD/CAEからVR、そして深層学習まで
過酷な現場でも安心して使える、製造業に最適なワークステーションの条件とは?
製造業の現場に最適なワークステーションとは何か? パフォーマンスや構成の自由度、拡張性の高さはもちろんだが、故障率が低く、保守が容易で、長時間使用しても快適性が損なわれないことが何よりも重要だ。(2018/5/1)

自動車開発に欠かせないCAE
コストはオンプレの10倍、それでもマツダが自動車開発にクラウドを検討したワケ
大量のITリソースを用いる場合、クラウド利用はコストメリットに欠ける。だがオンプレミスだけに依存するとビジネス機会を損なう――そう判断したマツダは、リスクマネジメントできる範囲でクラウド利用を検討した。(2017/7/19)

IT部門のためのデスクトップ仮想化導入の勘所【第3回】
設計/開発業務に革新を System x CAD on VDIが切りひらく新たな地平
設計/開発部門で利用される3D CAD/CAEソフトには高機能なワークステーションが必須であり、新しいIT技術を活用しにくい状況にあった。これを打破するのが「CAD on VDI」である。現場業務はどう変わるのか。(2015/6/8)

「vGPU」のパフォーマンスを検証できる施設が人気
CADワークステーションの仮想デスクトップが実用段階にきた幾つかの理由
従来、高いグラフィックス性能を必要とするワークステーションで仮想デスクトップを利用することは、コストと性能の面で限界があった。しかし、幾つかのブレイクスルーによって、これが現実のものとなってきた。(2015/4/15)

データの一元化でプロセスを可視化
PLMベースのシステム統合で車両設計を合理化したJaguar Land Rover
高級車メーカーJaguar Land Roverが業務システムを一新し、車両の設計と生産管理で使用するデータを一元化した。(2014/3/25)

NEWS:
B-787のエンジン部品供給メーカーがFibersim最新版に移行を発表
炭素繊維樹脂を採用した航空機部品の設計・製造が本格化している。台湾AIDCは、最新の複合材向け設計・解析ソフトウェア導入を発表した。(2012/8/6)

NEWS:
CFRPなどの複合材向け設計支援ツール「Fibersim 2012」
複合材を使った製品設計の品質を高めるには? 複合材ならではの特性を考慮した設計支援ツールをシーメンスPLMが発表した。(2012/3/15)

NEWS:
富士通、独自の画像軽量化技術で“エンジニアリングクラウド”提供へ
富士通もついにPLMクラウドへ。仮想クライアントと画像軽量化技術を組み合わせ、情報の一元化、垂直立ち上げやサプライチェーンへの広がりも視野に入れた、同社技術の部門横断的な展開に注目したい。(2011/6/21)

NEWS:
図研と東洋ビジネスエンジニアリングが提携、BOMとERP連携へ
PLM製品「PreSight」を展開する図研と、ERPパッケージ「MCFrame」を展開する東洋ビジネスエンジニアリングが連携を強化。BOMを超えた製品ライフサイクル管理を提案していく。(2011/5/31)

PLM(製品ライフサイクル管理)に関するアンケート結果リポート
製造業におけるPLMの有用性は浸透、しかし本格普及はこれから
TechTargetジャパンでは2009年7月、PLMに関する会員アンケートを実施した。製造業が抱えるさまざまな課題の解決にPLMが有効であることは認知されつつあるものの、実際の導入はまださほど進んでいないようだ。(2009/8/19)