2020年08月26日 10時00分 公開
PR

DX時代に求められる「CAE」活用の真価、製品開発力を高めるヒントとは?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

製造業のDXが加速する中、企業競争力を高める存在として重要性を増しているのがCAEによるシミュレーションの活用だ。その実践のヒント、AIやIoTとの融合などについて関西CAE懇話会 幹事も務めるオムロンの岡田 浩氏に聞いた。

[ITmedia]

 製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速する中、設計開発現場においてもデジタル技術を活用したさらなる変革が求められている。こうした状況で重要性が高まっているのが「CAE(Computer Aided Engineering)」の活用だ。

 製品の複雑化や品質向上、コスト削減、開発期間の短縮、人材不足といったさまざまな課題を克服し、製品開発の競争力を高めていくには、設計開発の現場でどのようにCAEを活用していけばよいのだろうか。

 以下の資料では、CAE活用の重要性や実践のヒント、AIやIoTと融合したCAEの未来像について、関西CAE懇話会 幹事も務めるオムロンの岡田 浩氏に話を聞いた。CAE活用で成果を積み上げるための2つのアプローチや先端技術との融合による具体的なメリットなどが語られた。