医療の質の向上に不可欠なIT、医療機関の利用状況は?

医療機関のIT化は急務の課題だ。電子カルテ導入、情報セキュリティ対策、ビッグデータやIoTなどといった先端技術の活用など、質の高い医療サービス提供や経営の効率化のためにやれることは多いが、現実はなかなか理想に追い付かない。医療分野のIT導入における実態と問題解決のヒントを、読者調査から明らかにする。

読者調査レポート

医療機関のIT導入に関する調査レポート

医療機関に従事するTechTargetジャパン会員を対象に「医療機関のIT導入に関する調査」を実施。本レポートではその概要をまとめた。

TechTargetジャパン会員を対象に、企業の「医療機関のIT」に関する読者調査を実施した。本リポートでは、読者の勤務先における「医療機関のIT」における業務利用の状況などをまとめている。

医療機関のIT化はなぜ進まないのか?

0.5歩先の未来を作る医療IT

医療現場でIT製品の導入を進めようとすると、スタッフから否定的な意見が上がることが少なくない。この「IT化への恐怖」の根源は何だろうか。

(2016年11月28日)
0.5歩先の未来を作る医療IT

紙カルテのワークフローを残したまま電子カルテを利用しようとすると、結果的には二度手間が生まれがちだ。電子カルテの「ITならではのメリット」を正しく理解する必要がある。

(2016年12月28日)
【連載コラム】医療ITの現場から

日医標準レセプトソフト(ORCA)と電子カルテの連係を筆頭に、医療IT業界にもAPIのサービス連係が普及しつつある。この仕組みは医療ITの普及と地域包括ケアシステムの実現を後押しするかもしれない。その理由は。

(2016年9月27日)

質の高い医療サービスに貢献するIT活用

難病を見抜く「IBM Watson」だけが医療AIじゃない

医療分野では人工知能(AI)技術による診断支援や新薬開発といった用途に期待が寄せられている。しかし医療AIの普及には、医療保険制度を筆頭にクリアすべき課題がまだある。日本の医療AI開発の現状とは。

(2016年11月9日)
全ての業界で実用化が進む

3Dプリンタが本格的なビジネスに進化している。「あらゆる物事に革命を起こそうとしている」といっても大げさに聞こえるかもしれない。だがそれは「積層造形」という分野で起きている最新の進歩を把握していないからだ。

(2016年10月30日)
国内外で実績を積んだ医療機器プログラム

薬事法改正により、単体プログラムだけで「医療機器」と認められるようになった。2016年4月1日に「医療機器プログラム」として保険適用を開始した第1号のアプリが「Join」だ。誕生の道のりを開発者に聞いた。

(2016年10月25日)
輸液ポンプのアラームにイライラすることもなくなる

医療業界でのIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用テクノロジーとしての地位を確立しているが、今や患者満足度の向上でも活躍している。院内の位置情報把握や、生体情報の遠隔モニタリングなどだ。

(2016年7月26日)

医療機関の情報セキュリティ対策

身代金を支払うか、データを失うか【前編】

身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の被害が増えている。一部の企業が身代金(ランサム)の支払を認めると、問題は世界規模で悪化するのだろうか。

(2016年11月21日)
身代金を支払うか、データを失うか【後編】

「ランサムウェア」の被害は増えているが、身代金を支払わない企業が大半を占めていることが、2016年8月に実施されたOsterman Researchの調査で判明した。ランサムウェア攻撃に屈しないためにはどうすべきか。

(2016年11月24日)
身代金は払うべきではない

医療機関に対するランサムウェア攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。専門家によると、攻撃に対する多面的な防御措置とバックアップが医療機関を守る鍵になるという。

(2016年11月8日)
データ保護に対する新しい考え方

医療機関は、従来の保護機能と高度な保護機能を組み合わせた3層アプローチにより、患者データをサイバー攻撃から保護することが可能だ。その3つの要素とは。

(2016年10月12日)

医療機関経営の効率化とIT導入

医療保険者の請求処理を高速化

ロボティックプロセスオートメーションを活用すれば、医療保険者と医療プロバイダーは人的要素を減らして請求処理をより効率的に行えるようになる。

(2016年7月12日)
患者の予後の改善にも、もちろんコストダウンにも

病院のビジネスインテリジェンス(BI)活用には多くの使いどころがある。例えば予測分析を利用して、患者の再入院の回数を減らしたり、スタッフやベッドを適切に割り当てたりすることもできる。

(2016年6月13日)
米国で年間6000億ドルの損失

データ分析は、医療詐欺対策に役立つ効果があることが証明されている。そして、その予防的手法は幅広い業界に恩恵をもたらす可能性がある。

(2016年5月16日)
Loading