2016年11月28日 09時00分 UPDATE
特集/連載

0.5歩先の未来を作る医療IT医療現場にITが浸透しない理由――新しいシステムへの恐怖はなぜ生まれるのか? (1/2)

医療現場でIT製品の導入を進めようとすると、スタッフから否定的な意見が上がることが少なくない。この「IT化への恐怖」の根源は何だろうか。

[大西大輔,MICTコンサルティング]

このコラムについて

イメージ

医療機関のIT化は他の業界に比べて5〜10年は遅れているといわれます。また、医療現場でIT製品を導入する際、スタッフから不安の声が上がるなど、多かれ少なかれ障害が発生します。なぜ、医療現場にITが浸透しないのか。その理由を探るとともに、解決策を考えていきます。


 医療現場でIT製品の導入を進めようとすると、スタッフから次のような否定的な意見が上がることがあります。

  • 「電子カルテなどのシステムを使いこなせるかどうか心配」
  • 「運用がうまくいくのだろうか」
  • 「うちの病院の運用は特殊なので、システム化が難しいのではないか」
  • 「システムを導入したら、診療が遅くなるのではないか」
  • 「費用対効果が十分あるのか」

 医療の現場では残念ながらIT化に対して、こうした恐怖に似た感情、心配を訴える声が上がることが少なくありません。ときにIT化を見送る結果につながることもある、この医療現場におけるIT化の恐怖の根源は何なのでしょうか。

IT化によって自分の仕事がなくなる恐怖

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...

news034.jpg

Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】